大量の文章を書く才能

大量の文章を書く才能

流行作家の方々は、多作な方が多いです。

 

それでご飯を食べているのですから、当たり前といえば当たり前ですが。

 

なにかの本で、梶山季之 さんは、一年に10000ページ書いていたとあったように記憶しています。一日にすると28ページ弱ですから、そうでもないようにも思えますが、400字詰め原稿用紙でしょうから、11200字を一日に書いていたということになります。

 

当然、書き続けることはできませんから、調べたり、構想を練ったり、取材したり、いろいろな時間の合間に、それだけの文字数を書いていたということになります。

 

多作が必ずしも良いとは言えないかもしれませんが、文章を書くことを始めたばかりの人は、やはり、この沢山書くということを一度は通過しなければならないのではないでしょうか。

 

忍者が、木を植えて、その上を飛び越すことで、訓練したように、最初は、小さな目標でも、継続することによって、大きな木に育ち、それを飛び越える脚力もつく、そんなイメージでトレーニングする時期は、絶対に必要かと思われます。

 

例えば、一日に1記事、ブログやホームページに書くところから始めて、継続していくこと。それだけで、かなりのトレーニングになると思います。

 

何を書いていいか分からない間は、とにかく、沢山書く。それだけで十分なので、書く練習から始めてみます。

 

書くこと、そのために読んだり調べたり、経験したりするそれらに意識を集中させて吸収しようとすること、それこそが知的なトレーニングそのものだろうと思います。

 

そして、書いたことが一見実りになっていなかったとしても、それは、決して無駄ではないと思います。基礎力の底上げになると思われますので、すなわち自分の能力が向上することに寄与したのであれば、十分意味があることと思います。

 

最初から完璧を目指すと、何も書けなくなってしまいます。
一旦、書いてしまって、後日、推敲を繰り返す。
その方法が楽でいいと思われます。

 

時間が経てば、自分も他人みたいなものですから、推敲をするのも客観的にできます。

 

プレゼンの予行などで、メインの資料を作る人は大変でも、それをみてあら捜しをしたり、コメントするのは、楽なように。

追記することで、書く量をさらに増やしていく

白紙にゼロから作り上げるのは、かなりの労力を要します。

 

何事もゼロからイチが一番大変な部分です。

 

でも、どんな文章でも一度書いてしまったものに継ぎ足すのは、比較的ラクにできます。
それを利用して、追記しながら文章を太らせていくことを考えています。

 

ちょっとスパイスをきかせるために、文脈とちょっと違和感があるような小見出しを最後に追加してみる。
それだけでもかなりの刺激になります。

 

何々とかけて何々ととく。
そんな感じで、一見無茶な追記と感じさせて、最後には納得に導く。
かなりのトレーニングになりそうです。

 

 

スポンサーリンク

大量の文章を書く才能関連エントリー

机の前に座りつづけることこそが才能
本を何度も読んでマスターする
文章をきちんと書く練習をする
テレビドラマなどで見た、印象に残るノート
マニュアルを作ることを趣味にしてみる
知らなかった頃のことを忘れてしまう
記憶のフックを作る
今更ながらに読書にはまる
Kindle本で出ているか出ていないか
3GなしのKindle Paper Whiteで十分かもしれません
Kindleで読みたい本を探す
記憶力のトレーニングをやってみる
古本を安く買ってきて、自炊して、データベースを構築する
取材をするということ
無駄な努力をしてみる
読みたいテキストは、メールで、携帯で読む
発想の方法
情報の保護と紙(文書)の処理
近い過去の歴史から学ぶ
時間も含めて音声ファイルを自分で作る
寝袋、シュラフを家の中で使う
あきらめのちょっと向こう側
やらないと始まらない
目次をコピーして読書ノートにする
本は、買わなければダメか?
ブック・ストッパーを買ってみました
早川義夫さん推薦の本
自分だけの書庫を持つ
経済を学ぶ
記憶のトレーニングと、脳の活性化
トイレの読書と時間の経過
聖書の入り口
本棚全体を自分のデータベースと考える
クリアファイルとファイルボックスでA4の紙を管理する
大統領の読書法
英語の文章を読むのに、スキミングという手法を取り入れてみましょう
図書館を自分の書庫として、使いこなす
図書館をうまく利用できれば、いろいろとできそうです
上達のために比喩で影絵のように記録する
ものごとに上達して、上級者になるために一つのヒントがあります
テクニック、修行
テクニックを得るための修行のことなど
オーディオ・ブックとか、音声で学習する
オーディオ・ブックというものがあります。英語圏では、かなりのタイトルがあります。その効用とすすめです。
新聞を定規で切り取って、ネタを箱にストックする
新聞の記事をネタにする方法
いろいろな作業手順は、手書きで手元にあるほうが楽
パソコンのみではなく、手書きのメモも併用した方が、効率よいこともあります。
記憶することをゲームのように考える
100円均一の二穴バインダー
読んでいても、読めていない
出し尽くしたところから考えが始まる
Kindleのメモとハイライトをブラウザで見る
書類は、手を付けて初めて足りないところが分かる
読書と言っても様々です
ノートリンクをコピーがアプリ内リンクをコピーに変わっていました
ノマドよりも、自宅
Evernoteに向かって執筆する
Evernote に検索100本ノック
パソコンで無料で使える音声入力
過去に読んだ記憶だけ
休日の職場の会議室
Evernote で持ち歩ける自分だけのリファレンスを作る
研究をするのにノートを作る
新聞の記事や本の一ページを写真に撮って残す
Evernote 内にまとめのノートを作る
本の抜き書きを写メでEvernoteに保存して蓄えていく
リスト化するメリット