読んでいても、読めていない

読んでいても、読めていない

それは読んで知っていると思っていても

 

本や雑誌もそうなのですが、日常にあふれるプリントのたぐいなどでも、そこに書かれていることをうまく把握できているかいないかというのは、けっこう大きな問題です。

 

読む時の自分の体調とか、気分によって左右されてくる部分もままありますが。

 

それを読んだという記憶があっても、中身を覚えていなくて愕然とするということもよくあることです。
飛ばし読みをして、その文章の大事な部分を飛ばしてしまったりすることもあります。

 

いかにして読み落としなく、的確にポイントを掴むか。
文章を読む時に留意すべき大切な点と思います。

 

そして、これは、意識をすることと日常的にトレーニングしていくことが必要に感じます。

 

読むことが出来たからと言って、必ずしも読めていないかもしれない。
常にその気持ちでいた方が良いと思います。

 

二回目を読むということ

 

同じ本を二回読むということをここ最近意識してやっています。

 

同じ本を二回も読むなんて時間のむだなのではないかと、以前は考えていました。
でも、残るものを考えると、あながち無駄と切り捨てるのはもったいないことかもしれません。

 

読んだという記憶が大切なのではなくて、その文章からの情報を頭の中に定着させるということこそ大切なのですから。

 

また、人間の脳は、復習を繰り返すことによって、他の知識と関連付けを始めるというようなことを最近読んでいる脳科学の本で知りました。

 

私の経験でも、例えば、試験問題で英文解釈の長文があったとしたら、一回目では、漠然とした印象くらいしかわからなかったものが、すぐに二回目を読むことによってかなり理解が違ってくるのが実感としてつかめています。

 

そして、実は、二回読むというのは、一回目の読みと同じだけ時間がかかるという単純なものではありません。
二回目ですでに理解しているところを飛ばしながら読んだとしたら、かなり短い時間で読み通すことができます。
飛ばさなくても、もちろん速く読めます。

 

すなわち考えているよりも労力は少なくて済み、そして、得られるものも考えているより多いことが期待できるということになります。
やってみる価値は十分にありそうです。

 

ポイントを落とさないようにしたい

 

まあ、大きな目標だけではなくて、小さな目標ももちながら進めるのがいいと思います。

 

とにかく、最低限は、その文章の中から最小限、これだけは読み落としたらまずいというポイントをうまく読み取るということです。

 

小さなもの、仕事関係の案内とか、情報伝達など、色々なお知らせ関係なども、その練習の一環と考えれば、別の見え方ができるようになると思います。

つまづくとそこで立ち止まってしまう

本を読んでいて、分からないところに出くわすと、そこで思考停止状態になってしまって、最悪中断してしまうこともあります。

 

すべてを頭から順に理解出来なければならないという強迫観念がどうしてもつきまといます。

 

少なくとも、他の人は、そうやって即座に理解できて進んでいると思うと、無力感に襲われます。

 

誰もが同じように感じている文章なのかもしれませんし、また、自分の基礎知識が不足しているためにその状態なのかもしれません。

 

それよりも、その分からない部分を飛ばしてしまって、続きを読むということが良いと思われます。
そして、どうしても知りたいと思うのであれば、一旦読了してから、すぐに二巡目に入れば良いだけです。

 

この分からなかった自分に耐えることができるというのも大切な資質の一つなのではないかとすら思うほどです。

 

 

 

スポンサーリンク

読んでいても、読めていない関連エントリー

机の前に座りつづけることこそが才能
本を何度も読んでマスターする
文章をきちんと書く練習をする
テレビドラマなどで見た、印象に残るノート
マニュアルを作ることを趣味にしてみる
知らなかった頃のことを忘れてしまう
記憶のフックを作る
今更ながらに読書にはまる
記憶力のトレーニングをやってみる
古本を安く買ってきて、自炊して、データベースを構築する
取材をするということ
無駄な努力をしてみる
読みたいテキストは、メールで、携帯で読む
発想の方法
情報の保護と紙(文書)の処理
近い過去の歴史から学ぶ
時間も含めて音声ファイルを自分で作る
寝袋、シュラフを家の中で使う
あきらめのちょっと向こう側
大量の文章を書く才能
やらないと始まらない
目次をコピーして読書ノートにする
本は、買わなければダメか?
ブック・ストッパーを買ってみました
早川義夫さん推薦の本
自分だけの書庫を持つ
経済を学ぶ
記憶のトレーニングと、脳の活性化
トイレの読書と時間の経過
聖書の入り口
本棚全体を自分のデータベースと考える
クリアファイルとファイルボックスでA4の紙を管理する
大統領の読書法
英語の文章を読むのに、スキミングという手法を取り入れてみましょう
図書館を自分の書庫として、使いこなす
図書館をうまく利用できれば、いろいろとできそうです
上達のために比喩で影絵のように記録する
ものごとに上達して、上級者になるために一つのヒントがあります
テクニック、修行
テクニックを得るための修行のことなど
オーディオ・ブックとか、音声で学習する
オーディオ・ブックというものがあります。英語圏では、かなりのタイトルがあります。その効用とすすめです。
新聞を定規で切り取って、ネタを箱にストックする
新聞の記事をネタにする方法
いろいろな作業手順は、手書きで手元にあるほうが楽
パソコンのみではなく、手書きのメモも併用した方が、効率よいこともあります。
記憶することをゲームのように考える
100円均一の二穴バインダー
出し尽くしたところから考えが始まる
書類は、手を付けて初めて足りないところが分かる
読書と言っても様々です
ノマドよりも、自宅
パソコンで無料で使える音声入力
過去に読んだ記憶だけ
休日の職場の会議室
研究をするのにノートを作る
新聞の記事や本の一ページを写真に撮って残す
リスト化するメリット
過去記事を読むから対話になる
ルーズリーフノートを使い込む
言葉を学ぶ、調べる