時間も含めて音声ファイルを自分で作る

時間も含めて音声ファイルを自分で作る

自分向けの個人的な音声ファイルを作るのは、けっこう楽しい物があります。

 

いろいろと例えば、本を読んで録音するとか、まとめたものを録音するとか、あるいは、Q&A方式で録音するとか。

 

今では、リニアPCM ICレコーダーがありますので、簡単に音質の良いファイルを作って、パソコンで利用できます。
また、それをメモリプレイヤーに入れて、持ち歩くのも簡単です。

 

ここで、ただ、テキストだけを記録するのではなく、時間も、そこに記録としてからめていくと、もっと可能性が広がります。

 

どういことかと言いますと。

 

例えば、私は、「良性発作性眩暈症」という病気というか、不調が時々出ます。

 

耳の三半規管とか、前庭器官とかの不調により、めまいを感じるというものですが、これに対して、耳鼻科の先生から、このように頭の位置を変える体操(?)をするといいですよとパンフレットをもらっています。

 

仰向けになって、右斜めを向いて20秒、その後、左斜めを向いて20秒とか、そんな感じで、頭の位置を変換することによって、中の細かい石というか、ごみというかの位置を調節する動きです。

 

このように、普段、使う動作、作業に時間が決められているものの場合、いちいちマニュアルと時計を交互に見ながらというのは、けっこう大変です。

 

それなら、一度、時間を正確に計りながら、マニュアルを音声化してしまえば、後は、その音声を聞きながら、毎日実行するのは、大変楽です。

 

このストップウォッチの役目も、音声の時間の中に組み込んでしまう。

 

これも、一つのアイデアではないかと思います。

 

バリエーションとしては、筋トレなんかもいいかもしれません。
ラジオ体操のように、各トレーニングを何分やるというように。

 

他にも、制限時間を決めて、ブレインダンプをやるとか。
ただただ、無音の中にスタートとか、2分経過とか、5分経過とか。

 

タイマーがあればいいようなものですが、微妙なニュアンス、途中経過などを細かく知らせる感じがあると面白いと思います。

自前の音声ファイルの可能性

これに限らず、自前で音声ファイルを作るということの可能性は広がっていくと思います。

 

自分の声で作っても良いですし、声のいい人に録音してもらうとか、30分間朗読してもらったり、原稿を読み上げてもらうのにバイト代を払うとか。
いろいろと方法はあると思います。

 

自分の好みの異性に吹き込んでもらった音源があったなら、何回でも繰り返し聞けるのではないかと思います。

 

メリットは、運転しながらでも聞けるとか、夜暗いところでも目に負担をかけずに学べるとか。

 

音声ファイルにする原稿をまとめるということ自体もかなりの勉強になると思います。
一度で終了ではなくて、何度も繰り返すことによっていろいろとノウハウも身についてくると思われます。
より洗練された音声ファイルを制作出来るようになることが期待されます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

時間も含めて音声ファイルを自分で作る関連エントリー

机の前に座りつづけることこそが才能
本を何度も読んでマスターする
文章をきちんと書く練習をする
テレビドラマなどで見た、印象に残るノート
マニュアルを作ることを趣味にしてみる
知らなかった頃のことを忘れてしまう
記憶のフックを作る
今更ながらに読書にはまる
3GなしのKindle Paper Whiteで十分かもしれません
記憶力のトレーニングをやってみる
古本を安く買ってきて、自炊して、データベースを構築する
取材をするということ
無駄な努力をしてみる
読みたいテキストは、メールで、携帯で読む
発想の方法
情報の保護と紙(文書)の処理
近い過去の歴史から学ぶ
寝袋、シュラフを家の中で使う
あきらめのちょっと向こう側
大量の文章を書く才能
やらないと始まらない
目次をコピーして読書ノートにする
本は、買わなければダメか?
ブック・ストッパーを買ってみました
早川義夫さん推薦の本
自分だけの書庫を持つ
経済を学ぶ
記憶のトレーニングと、脳の活性化
トイレの読書と時間の経過
聖書の入り口
本棚全体を自分のデータベースと考える
クリアファイルとファイルボックスでA4の紙を管理する
大統領の読書法
英語の文章を読むのに、スキミングという手法を取り入れてみましょう
図書館を自分の書庫として、使いこなす
図書館をうまく利用できれば、いろいろとできそうです
上達のために比喩で影絵のように記録する
ものごとに上達して、上級者になるために一つのヒントがあります
テクニック、修行
テクニックを得るための修行のことなど
オーディオ・ブックとか、音声で学習する
オーディオ・ブックというものがあります。英語圏では、かなりのタイトルがあります。その効用とすすめです。
新聞を定規で切り取って、ネタを箱にストックする
新聞の記事をネタにする方法
いろいろな作業手順は、手書きで手元にあるほうが楽
パソコンのみではなく、手書きのメモも併用した方が、効率よいこともあります。
記憶することをゲームのように考える
100円均一の二穴バインダー
読んでいても、読めていない
出し尽くしたところから考えが始まる
書類は、手を付けて初めて足りないところが分かる
読書と言っても様々です
ノートリンクをコピーがアプリ内リンクをコピーに変わっていました
ノマドよりも、自宅
パソコンで無料で使える音声入力
過去に読んだ記憶だけ
休日の職場の会議室
研究をするのにノートを作る
新聞の記事や本の一ページを写真に撮って残す
本の抜き書きを写メでEvernoteに保存して蓄えていく
リスト化するメリット
過去記事を読むから対話になる
ルーズリーフノートを使い込む
言葉を学ぶ、調べる