英語関係

英語関係エントリー一覧

英単語を必死になって覚える
英語の基本は、やはり単語過去にも何度も英語をマスターしようと思っていろいろやってみたことがあります。でも、なかなかマスターというところまでは辿りつけず中途半端です。一番の原因は、語彙の少なさかなと最近痛感しています。英語の文章も構成要素は単語ですので、それがわからないことには意味を汲み取ることはできません。当たり前のことですが。それでも、単語ではないと考えたくなる根底には、単語を覚えるということ自体がかなりつらい作業であるというのがあり、それを無意識に避けて通りたいというのがあると思われます。偶...
紙の辞書の思いで
遠い昔のことになりますが、学生時代には、紙の辞書を使っていました。英和辞書と、国語辞書。誰でも同じような経験をしていると思いますが。英和辞書は、当時クラスで流行っていたのですが、すべてのページをくしゃくしゃに折り目をつけていました。これをやると辞書が膨らんで分厚くなります。一番の目的は、ページのくっつきをなくしてページをめくりやすくするためでした。それに一度調べた単語には、赤のボールペンでアンダーラインを引いていました。大したことのない単語であったとしても、片っ端からアンダーラインを引いていまし...
日本語を英語の語順で
後ろから前に訳す誰でもが知っている当たり前のことですが。日本語と英語は、語順が同じではありません。文法が同じというか、近いものがあれば、マスターするのも楽なのですが。2つの言語は、順番が違っています。昔習ったことのある漢文の様に、後ろから前にさかのぼって訳さなければなりません。でも、これだと瞬時に分かり、反射的にしゃべるなどとはできなくなります。英語の語順で日本語をそれに対して、色々な方法があるのかもしれません。その中の一つと思われる、サイトトランスレーション、略してサイトラというのがあります。...
英語のテキストを探し放題
英語の多読の必要性英語を学ぶ上で、英文を多読するというのは、大切なことと思います。日本語を学んだ過程を考えてみても、ある程度からは、教科書を始め、色々な本を読むことによって土台が形成されたと思います。言葉を覚えることになりますし、色々な表現にふれることができます。日常的に英文を多読している人が、英語をできないままでいるというのは、想像できないことと思います。まずは、量をこなして、それから質に移行する。それが一般的かと。でも、まあ、むずかしいことは考えないで、単に量をこなせば上達するであろうと信じ...
英語の音読が良いらしい
もっともオーソドックスな方法テキストを元に、お手本の音声を聴いて、それをリピートする。これは、もっともオーソドックスな方法かもしれません。NHKの英語講座を始めとして、様々な教材がそのように出来ていると思います。でも、一回や二回やったからといって、マスターできるわけではありません。ひたすら繰り返すことが必要になります。こちらの記事にとても共感がもてます。妻の英語超速習2 MBAホルダーが語るノンネイティブへの道このブログの記事は、すべて読ませていただきました。かなり参考になりましたし、やる気もい...
海外ドラマや映画で話されているのは、日常会話
ちょっとした目からうろこでした英語が聞き取れません。文章にして、単語を追うと、それぞれは知らない単語ではありませんし、意味もとれます。それでも、聞いて理解できるというところまで行けません。色々と考えてみたのですが、ネイティブの方々は、文字に書いてある通りに発音していないというのが、原因の一つと思われます。いわゆるリエゾンというやつです。have toは、ハブ トゥではなくて、ハフタァというような感じです。それと、海外ドラマや映画で話されているのは、日常会話であること。この2つが自分の中で合致した...
スマホで英語のシャドーイングをする
シャドーイングという英語の勉強方法シャドーイングという英語の勉強方法があります。英語の音声に続けて自分で発音していく方法です。一旦、一つの文章を聞き終わってからそれを繰り返すのではなくて、音声が続いている間に続ける方法です。輪唱に似ているかもしれません。静かな湖畔の森の影から というカッコーの歌が有名ですが。昔からなんどか試しては、いつのまにか挫折していましたが。その原因の一つが自分の声で英語の音声がかき消されてしまって、分からなくなることからだったようにも思います。ある時、英語の勉強法の本を読...
英会話の短いフレーズを鬼のように繰り返す
音声付きの英会話の教材今まで、けっこう長い間英語をそれなりに学んで来ましたが、やはり、限界を感じます。圧倒的に勉強したトータルの時間が少ないことと、英語を聞いていないことがその主因に思われます。そもそも耳で聞いたことのない単語や文章を自分で読むということは、勝手な発音でそれらを認識するということにつながります。その時点で、限りなく偽物に近い英語ということになります。やはりお手本が無いと、本来の発音を知ることができません。本物を知らないということは、聞き取れないことにも繋がります。自分がそうだと思...