Evernote

Evernoteエントリー一覧

Evernote に検索100本ノック
ネットで情報を調べるネットでわからないことを調べる。ほぼ日常と言っても過言ではないかと思います。もちろんパソコンと通信環境があることが前提ですが。それらに縁のない方でも、スマホというものがあります。こちらは、購入したらほとんどもれなくネットでの検索が可能になります。六角精児さんも、パソコンは設定が必要であるが、スマホだとその必要が無いので、素晴らしいとテレビでおっしゃっていました。数が少ないことによる問題点日常の検索において、浅い情報しか得られないとか、信憑性に問題がありそうとか言われていたり、...
Evernote で持ち歩ける自分だけのリファレンスを作る
電子機器でリファレンスを持ち歩くはては、ZAURUSの時代から、ポケットサイズの電子機器で自分だけのリファレンスを作り、持ち歩くのが夢でした。昔は、通信機能がありませんでしたので、必定、自分自身でその電子機器の小さなキーボードとか画面に入力ということになっていました。それが、スマホの時代になり、ネット検索や同期することまでできるようになりましたので、格段に扱いやすくなりました。具体的には、Evernoteで、PCとスマホを同期してまずは、手入力を主体として、リファレンスを作り上げていきます。いわ...
Evernoteに向かって執筆する
色々考えずにEvernoteと向き合うノートに手書きで書いたり、ブログの投稿画面に書いたり、Windows Live Writer で書いたり、SIRIUSで書いたり。色々ありますが、やはりEvernoteが一番使いやすく感じます。そして、そこに書いたものは、コピペで、色々なところに移して、投稿したりできますので、Evernoteで一元管理するのが、やはりベストでしょう。文章を書くときに、場所を選ばなくて良い。ただ、Evernoteを起動するだけで良い。これは、気持ち的にもかなり楽です。もちろん...
Evernote 内にまとめのノートを作る
ノートブックなどで分類していてもEvernoteは、几帳面な性格であったとして、ノートブックやタグなどを利用して階層的にきれいに整理していても、けっこう使いにくくなるものです。ノートを作ること自体は、簡単なのですが、なまじ簡単なだけに沢山作りすぎてしまって、結局、収拾がつかなくなってしまいます。すなわち、どこに目的とするノートがあるのかわからない状態になってしまいます。検索機能もついていますが、うまく探し出せないこともけっこうあります。そもそもイメージすら覚えていないノートというのもあります。短...
ノートリンクをコピーがアプリ内リンクをコピーに変わっていました
Evernoteの便利な機能として、ノート同士をハイパーリンクでつないで、ハイパーテキストにできることがあります。以前は、ノートの一覧のタイトルのところをクリックして、右クリックで、出て来るメニューにノートリンクをコピーというのがあり、これを別のノートの本文の中にペーストすると、そのリンクから先程のノートを呼び出せるようになっていました。ノートの文章中に別のノートを呼び出すリンクをつけることができるということです。普通のブラウザでインターネットを見る時に、クリックすると先に飛べる青いリンクをつけ...
本の抜き書きを写メでEvernoteに保存して蓄えていく
本の抜き書きをすること紙の本でも、Kindle本でも、お気に入りの部分とか、感銘を受けたところなどは、抜き書きして保存しておきたいものです。本さえあれば、いつでも参照することはできますが、すぐに探し出せるとは限りません。逆に抜き書きがあれば、それを見るだけで、目的が達成できることも多々あります。同じところを何度も繰り返し参照することによって、記憶に残すことも可能となります。大学ノートに万年筆で抜き書きするのは、かなり優雅な感じもあり、好きなのですが。かなり時間がかかります。本を読みながらというの...