本の抜き書きを写メでEvernoteに保存して蓄えていく

本の抜き書きを写メでEvernoteに保存して蓄えていく

本の抜き書きをすること

 

紙の本でも、Kindle本でも、お気に入りの部分とか、感銘を受けたところなどは、抜き書きして保存しておきたいものです。

 

本さえあれば、いつでも参照することはできますが、すぐに探し出せるとは限りません。
逆に抜き書きがあれば、それを見るだけで、目的が達成できることも多々あります。

 

同じところを何度も繰り返し参照することによって、記憶に残すことも可能となります。

 

大学ノートに万年筆で抜き書きするのは、かなり優雅な感じもあり、好きなのですが。
かなり時間がかかります。
本を読みながらというのは、けっこう大変です。

 

また、パソコンに入力していくのも、同様に時間と手間がかかります。

 

スマホで撮影してEvernoteに保存する

 

今は、スマホのカメラの性能が高いので、紙の文章を写真に撮るだけでいつでも参照できるようになります。
よほどのことがなければ、撮影したページをすべて読むことができます。

 

そこで、本の抜き書きをしたい部分をスマホで写真に撮って、Evernoteに保存するというのが、かなり簡単で、短時間に目的を達することができる方法と思います。

 

今まで、FE snap というアプリを使っていました。
このアプリで撮影して保存するだけで、自動的にEvernoteに投稿してくれます。

 

使いやすくて重宝していました。

 

先程、Evernoteのスマホのアプリを起動して、一つノートを新規に開いて、まず、一行目に抜き書きする内容が分かるようにタイトルをつけ。

 

それから改行を二回ほど行って、そこに写真を撮って貼り付けるということをやってみました。

 

これもとても快適でした。

 

メリットは、Evernoteのアプリだけで完結することと、画像にタイトルをつけることが出来て、後で探しやすいことです。

 

Evernoteで編集する

 

そして、どんどん抜き書きをしていくと、ノートが溜まってきます。

 

画像にタイトルをつけていますので、そのままでも探し出すことができますが。
この抜き書きというか、抜き写しをしたノートのタイトルをまとめた新たなインデックスノートを作ることによって、さらに使いやすくなります。

 

ノートのタイトル部分を右クリックして、アプリ内リンクをコピーを選択して、インデックスノートにペーストする。
それを繰り返して、インデックスノートを開けば、抜き書きのノートを自由に参照できるようになります。

 

一度、写真で保存しておくことができれば、それ自体をデータベースにも出来ますし、そこから文字起こしする時にも、元の本を開くことなく、その写真を見ながらできます。

 

これも快適だろうと思います。

 

 

スポンサーリンク

本の抜き書きを写メでEvernoteに保存して蓄えていく関連エントリー