病気、健康

病気、健康エントリー一覧

マスクの効用
マスクは、一般的に普及していますがマスクは、薬局でも、コンビニでも、どこでも買うことができます。特に冬場は、風邪とか、インフルエンザとか、感染症が流行する季節なので、街なかで、マスクした人を見かける機会が増えます。実際には、どの程度有効なのでしょうか。マスクと言ってもいろいろあるみたいですN95マスクという医療用のマスクは、肺結核の時にも使われるものですので、かなり感染対策上有効かもしれません。でも、かなり高価ですし、密閉感が半端ないので、気軽にできるものではないと思います。一般に入手可能なマス...
メガネの上にメガネをかける
むかしからメガネをかけています小学校5年生の頃からですから、眼鏡をかけはじめて、かなり経ちます。最初は、近視ですから、かけるまえは、黒板が見えなくて、かなり苦労したことを思い出します。その後は、快適に暮らすことができています。でも、やはり、眼鏡が無いと、何も見えなくなって困ります。ここ最近は、それに遠視が重なり、遠くを見るのには不自由しませんが、近くを見るのがつらくなってきています。コンタクトレンズもありますが、目の中に異物を入れ続けるというのに、ちょっと抵抗があります。サングラスをかけたい時が...
姿勢と首筋の張り
肩こりや首筋が張ってつらいときがあります。以前、イスから落ちて、首を床にぶつけていますので、その後遺症というのもあるかもしれません。マッサージを受けるとかなり楽になりますが、それでも、根本的な解決にはなりません。左側の首筋が常に緊張しています。意識して、姿勢を確認してみましたが、どうやら、右側にかしがる癖があるようです。何かに集中しているときに、右に頭を傾けて、左の首筋を伸ばす姿勢を無意識に取っています。デュアル・ディスプレーで、パソコンを使っていますが、その右側のモニタを見る時に、特にその姿勢...
紙の粉と咳
昨年末くらいから、かなりひどい咳で悩んでいました。特に、夕方から、夜にかけて。一度、咳き込むとおさまらず、白っぽい透明な痰と一緒に、とにかく、すべてを排出しようといった感じで、続きます。病院に行って、レントゲン写真を撮ってもらっても、血液検査をしても、まったく異常はありませんでした。あるとき、職場で使っている書類の紙が薄くなって、表面に粉が吹いた感じになって、手で触ると、ざらざらしているのに気がつきました。手で表面をなでると白いざらざらした粉が手に付きます。そして、手も荒れて、手で目をこすると、...
エキノコックスに関して
犬やネコなど、ペットを飼っている場合に、人獣共通感染症に関しても、いろいろと知っておいたほうが良いかと思われます。エキノコックスという寄生虫がいます。人獣共通感染症の一つで、キタキツネや犬などから、人に感染することが知られています。終宿主である、狐や犬の経口から入り、腸に寄生します。これらの動物には、大きな障害を与えることはありません。そして、それらの動物の糞から広がって、その糞の中の虫卵がヒトなどの中間宿主の口から入り、腸管から、肝臓などへ、血流を介して運ばれます。感覚的に、終宿主と中間宿主が...
眠れる方法
不眠症とか、眠りが浅いとか、眠りにまつわるいろいろな不満とかがあります。自分の眠りやすいパターンをいろいろと思い出して、それを記録しておき、眠りたいときに、利用する。そんなことも、役に立ちそうです。私の場合、年齢と伴に、熟睡感が無くなり、中途覚醒も多くなってきています。長く眠るにも、体力がいるという話しをきいたことがありますが、切実に感じる今日、この頃です。仮眠、昼寝をするのが、一番楽ですが、眠りやすい方法としては、比較的寒い時期には、寝袋がけっこうおすすめです。数千円で、入手できますし、人目に...
アトピー性皮膚炎
ものごころついた頃から、アトピー性皮膚炎に悩まされています。最初は、一日中、体のどこかが痒くて、かいていることは、誰にでもあることだろうくらいに考えていました。はっきりいって、数分もたたない間に、次の箇所がかゆくなります。よって、ほとんど一日中、体のどこかをかいています。歩いているときにも、何かやっているときにも、休むことがありません。一番ひどかったのが、大学の頃で、運動をやっていましたので、汗をかいて、皮膚が汚れて、それにタバコの煙が刺激を加え、そこに飲めないアルコールによって、血液の循環がよ...
ダイオキシンは、どの程度危険なのか?
環境汚染問題で、新聞などでよく、ダイオキシンという言葉を聞きます。いったいどのようなものなのでしょうか。やはり、wikiがとっかかりとしては、わかりやすいので、ダイオキシン類に関する記載を参考にします。ダイオキシン類wikiまず、ダイオキシンとは、単一の物質ではなくて、ダイオキシン類なのであるということ。ごみの焼却時に不完全燃焼すると発生する副生成物。高温で焼却すれば、発生しない。ということです。また、農薬の副反応によっても生成される。実際に、この農薬は、水田に使用されていました。1997年とい...
有酸素運動とダイエット
ダイエットを語る上で、有酸素運動を避けては通れません。まず、定義からですが、心拍数を目安とします。心拍数110程度まで : 純粋有酸素運動  血中の乳酸の増加はみられない心拍数が110から150程度 : 有酸素運動 血中の乳酸値は増加するが、体内で乳酸を処理できる範囲心拍数が150を超える : 無酸素運動 処理能力を超えた乳酸が増加する乳酸というのは、疲労物質といわれてきましたが、糖が分解されて、乳酸になる過程で、水素イオンが生じ、そのため、筋肉内が酸性に傾くのが、疲労の原因と考えられているよう...
ペットボトル症候群と糖尿病
ペットボトル症候群と呼ばれる疾患があります。コーラやジュースを飲み過ぎる事によって、糖尿病の素因のある人に、糖尿病の病状が出てしまうことです。通常では、糖尿病ではなくても、コーラやジュースをペットボトルで大量に摂取することによって、過剰な糖分をとることとなり、それによって、血糖の上昇がみられます。糖尿病の既往が無く、自覚もないままに、高血糖状態が続き、脱水症を伴って、ケトーシスをきたし、意識障害などで、救急車で病院に搬送され、判明することもあります。ペットボトルの清涼飲料水の中には、10%くらい...
シラミを治療する
シラミは、いまでは、めずらしくなってきていますが、それでも、子供を中心として、集団発生することもあります。頭がかゆくなって、実際にシラミが発見されたらどうしたらいいでしょうか。もちろん、病院に行くのも一つですが、シラミと確認できたなら、自分で治療できます。その方法を記録してみます。密かに悩まれている方の、参考になれば、幸いです。ただし、薬にかぶれるなど、副作用の問題。あるいは、症状、所見に問題がありそうな時には、躊躇することなく、病院を受診してください。
生活習慣病とは、食生活の習慣からくる病気のこと
代表的な疾患としては、高血圧症、高脂血症、糖尿病、高コレステロール血症などがあります。いずれも、心血管疾患、脳血管疾患などの誘因となることが知られており、当然、心筋梗塞、脳梗塞などの疾患は、死につながることもある重大疾患です。また、脳梗塞が、寝たきりになる最大の原因です。これは、本人も大変ですが、家族にも負担がかかります。生活習慣病の主たる原因の一つとして、肥満があげられており、これは、食生活、運動などにより、コントロール可能です。すなわち、まだ、病気には至らない肥満をコントロールすることによっ...
鳥インフルエンザって、よく分からないけれど
インフルエンザは、有名で、毎年流行ります。そして、ワクチンも知られており、毎年、かなりの人が、インフルエンザ・ワクチンの接種を受けます。高い熱が出て、関節痛とか、様々な症状が現れ。そして、時間と共に免疫で収束する。一般のウイルス感染の典型かと思われます。そして、毎年のように、忘れた頃、鳥インフルエンザの話題がニュースをにぎわします。動物の種を越えて感染する感染症もありますが、大半は、動物の種を越えての感染はありません。この鳥インフルエンザも現状では、鳥からヒトへの感染は、ほとんどありません。それ...
メタボリック症候群の定義など
メタボリック症候群。もう、すっかりおなじみの言葉になってしまっていますが、正確なところをご存じの方も少ないかもしれません。まず、定義から、きちんとおさらいをしてみたいと思います。「メタボリックシンドロームの考え方  〜判定と生活習慣支援のイメージ〜」厚生労働省の検討資料からです。まず、最初にこの資料から、メタボリック症候群の診断基準ですが。ウエスト周囲径(腹囲)が 男性 ≧ 85cm女性 ≧ 90cmこれが内臓脂肪を反映しているというのが、基本的な考え方です。ただ、これだけでは、メタボリック症候...
老化ということを計算に入れる
老化を感じる瞬間人は誰しも年を取ります。当たり前のことですが。いつもまでも若いつもりでいたら、例えば、運動会で走っていてコケます。あれは、運動神経が悪い人が転ぶのではなくて、むしろ昔バリバリに運動が出きていた人が転ぶという話しを聞きました。すなわち、頭の中でイメージする体の動きと、年を取ってしまって衰えのため実際の動きに乖離ができるということ。それで思ったように動けずに転んでしまうというような感じだったと思います。他にも老化を感じる瞬間としては、徹夜をすると2-3日倦怠感が続くとか、長距離を歩く...
年末、年始は、歯の根本が化膿して大変でした
歯の治療をしていたのですが昨年夏頃に歯にかぶせてあったものがはずれて、歯科受診しました。それは、すぐに治してもらえたのですが、健診的に他の歯も確認してもらったところ、色々治療した方が良いところが見つかりました。その中の一つに左の前歯の以前神経を抜いて、根管治療した後のところがありました。そこのかぶせてある歯を外して、根管治療を数回受けました。そして、そこは、仮歯をつけてもらっていました。4回目の治療は、12月28日でした。治療の二日後からその治療の二日後から歯が痛み出しました。かなり痛くて、焼け...