マスクの効用

マスクの効用

マスクは、一般的に普及していますが

 

マスクは、薬局でも、コンビニでも、どこでも買うことができます。

 

特に冬場は、風邪とか、インフルエンザとか、感染症が流行する季節なので、街なかで、マスクした人を見かける機会が増えます。

 

実際には、どの程度有効なのでしょうか。

 

マスクと言ってもいろいろあるみたいです

 

N95マスクという医療用のマスクは、肺結核の時にも使われるものですので、かなり感染対策上有効かもしれません。

 

でも、かなり高価ですし、密閉感が半端ないので、気軽にできるものではないと思います。

 

一般に入手可能なマスクでは、おそらくウイルスは、素通しだろうと思います。目の大きさと、ウイルスの大きさの関係から。

 

しかし、ウイルスは、単独で、空中を浮遊するというよりは、咳とか痰などの飛沫にのって伝播する。あるいは、痰や鼻汁が手について、そこから触ったところを介して伝わる。

 

そんなことが多いのではないかと思われます。

 

だとすると、マスクをしていても、外すときに、そのようなところに触った手で自分の口元や鼻腔に触れたら、感染するリスクは出てくると思います。

 

感染した人がエチケットとして、咳や痰で、飛沫をまきちらさないようにマスクをするというのは、一番理にかなっているとおもいます。

 

では、マスクは、まったく無効でしょうか

 

いろいろ検索した結果では、口や鼻をマスクが覆うために、そこが湿度を保ち、暖かくなる。要するに、ウイルスが増殖しにくいような環境を局所に作ることができる。ということを感染予防の根拠として、書かれている文章がありました。

 

どの程度、信ぴょう性があるかは、微妙ですが。

 

もし、それが真実なら、別に高価なマスクである必要はまったく無いとも言えるかもしれません。
それこそ昔ながらの、手ぬぐいのマスクでも、同様の効果を期待できるようにも思います。

 

結論としては

 

感染者が、まわりに迷惑を書けないように、広がるのを少しでも抑えるのには、効果があるのは、まちがいないと思います。

 

マスクをすることによって感染しないといような予防的効果は、微妙なので、むしろ、手洗いをしっかりとするとか、うがいをするとか、従来の予防が一番ではないかと考えます。

 

そして、あまりに強迫観念的に考えるのは、意味が無いかなと思います。

 

所詮、インフルエンザも風邪の一種ですし、症状が強ければ、特効薬もいろいろあります。それに、清潔すぎる環境よりも、いろいろなものに暴露されている方が、不顕性感染含めて、抵抗力が増すようにも思えます。

スポンサーリンク

マスクの効用関連エントリー

メガネの上にメガネをかける
姿勢と首筋の張り
紙の粉と咳
エキノコックスに関して
眠れる方法
アトピー性皮膚炎
ダイオキシンは、どの程度危険なのか?
ダイオキシンが環境汚染の元になる。というのは、漠然と分かるのですが、どのようなもので、どのように危険なのかに関しては、漠然としています。その点を簡単にまとめてみます。
有酸素運動とダイエット
有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた、新有酸素運動、アメリカでは、サーキットダイエットとして有名ですが、いろいろと調べてみたいと思います。
ペットボトル症候群と糖尿病
ペットボトル症候群に関してまとめてみます
シラミを治療する
シラミにたかられたら、自分で治療できます。その方法を書いてみます。
生活習慣病とは、食生活の習慣からくる病気のこと
生活習慣病に関して、まず、簡単に書き始めます
鳥インフルエンザって、よく分からないけれど
鳥インフルエンザに関して、いろいろと調べてまとめていきたいと思います。まずは、イントロ的な部分から。
メタボリック症候群の定義など
メタボリック症候群の定義に関して、まとめてみます
老化ということを計算に入れる
年末、年始は、歯の根本が化膿して大変でした