メタボリック症候群の定義など

メタボリック症候群の定義など

メタボリック症候群。
もう、すっかりおなじみの言葉になってしまっていますが、
正確なところをご存じの方も少ないかもしれません。

 

まず、定義から、きちんとおさらいをしてみたいと
思います。

 

「メタボリックシンドロームの考え方
  〜判定と生活習慣支援のイメージ〜」

 

厚生労働省の検討資料からです。

 

まず、最初にこの資料から、メタボリック症候群の診断基準
ですが。

 

ウエスト周囲径(腹囲)が 
男性 ≧ 85cm
女性 ≧ 90cm
これが内臓脂肪を反映しているというのが、基本的な
考え方です。

 

ただ、これだけでは、メタボリック症候群ではなく、
以下の条件が続きます。

 

高トリグリセライド血症、すなわち中性脂肪である
トリグリセライド(TG)の値が ≧150mg/dl
かつ / または
HDLコレステロール値が <40mg/dl

 

これらは、血液検査の値ですから、健診、または、病院で
検査を受けなければ分かりません。
かつ / または ですので、どちらかが条件を
満たせば、プラスと考えられます。

 

HDLコレステロールというのは、いわゆる「善玉コレステロール」
のことです。
中性脂肪は、前日の食事の影響を如実に反映します。

 

いずれの値も、高脂血症の有無を判断する基準の一部です。
実際には、LDLコレステロール、すなわち「悪玉コレステロール」
の値で、高脂血症を評価する方がスタンダードと思われ
ますが、健診で簡易的なスクリーニングという意味合い
なのだと思われます。

 

そして、次の条件が血圧です。
収縮期血圧が ≧130mmHg
いわゆる「上」の血圧が130mmHgを越えていること
かつ / または
拡張期血圧 ≧85mmHg
いわゆる「下」の血圧が85mmHgを越えていること

 

上が130以上、または、下が85以上と憶えておけばいいかも
しれません。

 

そして、最後の条件が血糖
空腹時血糖が ≧110mg/dl
朝の食事をする前の血糖値がこの値である。ということ。

 

いわゆる病気の診断基準ではありませんので、これらを
満たしたからと言って、必ずしも治療の必要がある状態
ではありませんが、少なくとも、予備軍として、
食事療法を中心とした指導を受けることによって、
病気に移行することを未然に防げる可能性がある。
ということになります。

 

以上、かけあしの記載になりましたが、一般の方がわかる範囲では、
腹囲が基準を上回る場合には、内臓脂肪の蓄積が疑われ、減量が
必要である。ということ。
他の基準が正常値でも、減量が望ましいと思います。
また、それに続く条件は、すべて健康診断の項目にあると
思われますので、いずれかがひっかかった場合には、病院の受診が
必要と考えた方がよいかと思われます。
そして、より精密な検査で、再検が望ましく、それに対しての
医師の指導を受けるのがよいと思われます。

 

これらのリスクファクターがそろった場合には、心臓血管系の
危険率、すなわち心筋梗塞や脳梗塞の危険性が、
正常のコントロールの30倍になる。
という報告の意味するところを真剣に捉えた方が良いのだろうと
思います。

スポンサーリンク

メタボリック症候群の定義など関連エントリー

マスクの効用
メガネの上にメガネをかける
姿勢と首筋の張り
紙の粉と咳
エキノコックスに関して
眠れる方法
アトピー性皮膚炎
ダイオキシンは、どの程度危険なのか?
ダイオキシンが環境汚染の元になる。というのは、漠然と分かるのですが、どのようなもので、どのように危険なのかに関しては、漠然としています。その点を簡単にまとめてみます。
有酸素運動とダイエット
有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた、新有酸素運動、アメリカでは、サーキットダイエットとして有名ですが、いろいろと調べてみたいと思います。
ペットボトル症候群と糖尿病
ペットボトル症候群に関してまとめてみます
シラミを治療する
シラミにたかられたら、自分で治療できます。その方法を書いてみます。
生活習慣病とは、食生活の習慣からくる病気のこと
生活習慣病に関して、まず、簡単に書き始めます
鳥インフルエンザって、よく分からないけれど
鳥インフルエンザに関して、いろいろと調べてまとめていきたいと思います。まずは、イントロ的な部分から。
老化ということを計算に入れる
年末、年始は、歯の根本が化膿して大変でした