ダイオキシンは、どの程度危険なのか?

ダイオキシンとは?

環境汚染問題で、新聞などでよく、ダイオキシンという言葉を聞きます。

 

いったいどのようなものなのでしょうか。

 

 

 

やはり、wikiがとっかかりとしては、わかりやすいので、

 

ダイオキシン類に関する記載を参考にします。

 

 

 

ダイオキシン類wiki

 

 

 

まず、ダイオキシンとは、単一の物質ではなくて、

 

ダイオキシン類なのであるということ。

 

 

 

ごみの焼却時に不完全燃焼すると発生する副生成物。

 

高温で焼却すれば、発生しない。ということです。

 

 

 

また、農薬の副反応によっても生成される。

 

実際に、この農薬は、水田に使用されていました。

 

1997年ということなので、そんなに遠い昔ということでもありません。

 

 

 

食事による体内への摂取が大半を占めていますが、生物濃縮によって、次第に

 

蓄積されたものを食べることによって、実際に暴露されているものよりも、

 

高濃度になります。

 

ダイオキシン

ダイオキシンの危険性

大気中から、人体に取り込まれるのは、わずかで、大部分は、経口摂取に

 

よるものと考えられています。

 

 

 

水田の過去の農薬使用により、ダイオキシン濃度の高いところもあるとのこと

 

ですが、米には、ほとんど取り込まれないということです。

 

また、脂肪に溶け込む性質がありますが、比較的脂肪分の多い、大豆にも

 

あまり取り込まれないとのことです。

 

 

 

よって、農作物から大量に人体に入る可能性は低いでしょう。

 

そして、農薬によるダイオキシンが海に運ばれ魚に取り込まれ、

 

食物連鎖によって、濃縮がみられ、最終的に人間が食べる。

 

この過程でのダイオキシン摂取が一番可能性としては、高そうです。

 

 

 

しかし、急性毒性としては、致死的な事例はなく、発癌性、催奇形性、

 

ホルモンに対する攪乱物質としての影響などが問題視されています。

 

 

今後、どのように考えていけばよいのでしょうか。

農薬では、規制が入っていますので、現在使われていません。

 

 

 

よって、ゴミの焼却時に、不完全燃焼を来さないように、

 

高温で焼却することによって、ダイオキシンの発生を防ぐ。

 

 

 

これに留意すれば、今、存在する物に対して、考慮していけば

 

よいのだと思われます。

 

 

 

土壌への汚染に対しては、特殊な細菌を利用した

 

バイオレメディエーション技術が開発されたりしています。

 

 

 

川や海の底(底質)への対策もすすめられているとのことです。

 

 

 

過剰に怖れたり、不安をあおることなく、新たな発生を防ぐために、

 

対策をたてていくことが必要なのだと思います。

 

 

スポンサーリンク

ダイオキシンは、どの程度危険なのか? 関連エントリー

マスクの効用
メガネの上にメガネをかける
姿勢と首筋の張り
紙の粉と咳
エキノコックスに関して
眠れる方法
アトピー性皮膚炎
有酸素運動とダイエット
有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた、新有酸素運動、アメリカでは、サーキットダイエットとして有名ですが、いろいろと調べてみたいと思います。
ペットボトル症候群と糖尿病
ペットボトル症候群に関してまとめてみます
シラミを治療する
シラミにたかられたら、自分で治療できます。その方法を書いてみます。
生活習慣病とは、食生活の習慣からくる病気のこと
生活習慣病に関して、まず、簡単に書き始めます
鳥インフルエンザって、よく分からないけれど
鳥インフルエンザに関して、いろいろと調べてまとめていきたいと思います。まずは、イントロ的な部分から。
メタボリック症候群の定義など
メタボリック症候群の定義に関して、まとめてみます
老化ということを計算に入れる
年末、年始は、歯の根本が化膿して大変でした