本棚全体を自分のデータベースと考える

本棚全体を自分のデータベースと考える

ふと考えたのですが、トイレで毎日本を読んでいて、知らないうちに、読み切ってしまったり、本屋さんで立ち読みすることで、かなり頭に入ったり、というようなことがあります。そして、それは、かなり効率よいように思われます。

 

どうしても、固定観念から、本は、ゆっくりと時間をとって、静かな環境で落ち着いて、一言一句もらさずに内容を咀嚼する。読書には、そのようなイメージがありますが。実際には、それほど重要な本というのも少ないように思えます。

 

というか、そもそも、そんな本を読むゆったりとした時間など取りようもありません。細切れの時間に本を読み進めていくしかないというのは、誰もが感じるところです。

 

その一環として、本棚全体を自分の頭の一部、あるいは、データベースと考えて、そこに繰り返し小さくアクセスを繰り返すことで、全体から、エッセンスをくみ出していく。

 

そのようなイメージでやっていくのもいいと思われます。

 

いわゆる積ん読ではなくて、すべて立てて並べて、背表紙が見えるようにして、棚から一冊を抜き出しては、一部を読んで、元に戻す。これを細かく、短い時間で繰り返します。

 

その時に、目次を見て、そこから面白そうなページをめくったり、あるいは、フォトリーディングとか、スキミングというような流行の手法をまねてみたり。いろいろとやり方はあると思います。

 

この小さな時間の積み重ねで、かなりのエッセンスを効率よく、抽出することができるのではないかと考えています。

 

ここで、ふと、かつて読んだ本の記憶がよみがえりました。

 

ドアーズというロックバンドのリーダーで、ボーカリストのジム・モリソンのことを書いた本でした。

 

とにかく、博覧強記で、詩人であるということを示すエピソードとして、友人が、ジムの部屋を訪れた時に、どれでもいいから本棚から、一冊本を抜いて、適当に開いて、ページを言って欲しいと。

 

そして、そこに書いてある内容をそらんじたというような記載だったと思います。

 

もちろん誇張はあると思いますが、ここにいろいろなヒントが隠されているようにも思えます。

 

本棚の置いてある場所も記憶の一助になる。

 

そして、それを延長すると、その一竿の本棚の後ろに、バーチャルの本棚を作る。

 

例えば、amazonのマイリストで本棚を作る。

 

自分の本棚に次に招聘する本を選ぶカタログとして。

 

そのように考えると、自分の前に、本棚とバーチャル本棚。二つの扉が存在する。そのようなイメージになると思います。

自宅の本棚に立ち読みのスペースを作る

自分の家の本棚のうち、例えば、一段をその時に読んでいる本だけ集めるとします。
それも、丁度自分の胸辺りの高さに一段を用意できれば、格好の立ち読みスペースとなります。

 

自宅だけではなく、職場にも同じように作ってみてもいいと思います。

 

いずれにしても、その本棚の前に立って、ちょうどスタンディングデスクのように立ったままで本を読むことを習慣化することを考えています。

 

スタンディングデスク、読書スペースバージョン。

 

そこに立つだけで習慣化できますので、一年経てば、かなりの量の本を読んでいることが期待できます。

 

一時期に目を通す本の量として、本棚の一段分というのは、決して少なくはないと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

本棚全体を自分のデータベースと考える関連エントリー

机の前に座りつづけることこそが才能
本を何度も読んでマスターする
文章をきちんと書く練習をする
テレビドラマなどで見た、印象に残るノート
マニュアルを作ることを趣味にしてみる
知らなかった頃のことを忘れてしまう
記憶のフックを作る
今更ながらに読書にはまる
3GなしのKindle Paper Whiteで十分かもしれません
記憶力のトレーニングをやってみる
古本を安く買ってきて、自炊して、データベースを構築する
取材をするということ
無駄な努力をしてみる
読みたいテキストは、メールで、携帯で読む
発想の方法
情報の保護と紙(文書)の処理
近い過去の歴史から学ぶ
時間も含めて音声ファイルを自分で作る
寝袋、シュラフを家の中で使う
あきらめのちょっと向こう側
大量の文章を書く才能
やらないと始まらない
目次をコピーして読書ノートにする
本は、買わなければダメか?
ブック・ストッパーを買ってみました
早川義夫さん推薦の本
自分だけの書庫を持つ
経済を学ぶ
記憶のトレーニングと、脳の活性化
トイレの読書と時間の経過
聖書の入り口
クリアファイルとファイルボックスでA4の紙を管理する
大統領の読書法
英語の文章を読むのに、スキミングという手法を取り入れてみましょう
図書館を自分の書庫として、使いこなす
図書館をうまく利用できれば、いろいろとできそうです
上達のために比喩で影絵のように記録する
ものごとに上達して、上級者になるために一つのヒントがあります
テクニック、修行
テクニックを得るための修行のことなど
オーディオ・ブックとか、音声で学習する
オーディオ・ブックというものがあります。英語圏では、かなりのタイトルがあります。その効用とすすめです。
新聞を定規で切り取って、ネタを箱にストックする
新聞の記事をネタにする方法
いろいろな作業手順は、手書きで手元にあるほうが楽
パソコンのみではなく、手書きのメモも併用した方が、効率よいこともあります。
記憶することをゲームのように考える
100円均一の二穴バインダー
読んでいても、読めていない
出し尽くしたところから考えが始まる
書類は、手を付けて初めて足りないところが分かる
読書と言っても様々です
ノートリンクをコピーがアプリ内リンクをコピーに変わっていました
ノマドよりも、自宅
パソコンで無料で使える音声入力
過去に読んだ記憶だけ
休日の職場の会議室
研究をするのにノートを作る
新聞の記事や本の一ページを写真に撮って残す
本の抜き書きを写メでEvernoteに保存して蓄えていく
リスト化するメリット
過去記事を読むから対話になる
ルーズリーフノートを使い込む
言葉を学ぶ、調べる