寝袋、シュラフを家の中で使う

寝袋、シュラフを家の中で使う

寝袋といえば、アウトドア、キャンプなどの時に使うのが定番です。使う状況は、ほぼ限定されています。

 

最近、ちょっとカルチャーショックを受けたのは、同僚が職場に泊まりの時に、シュラフを使っているというのを聞いてからです。

 

今年の始めの頃でした。いやー、最近、とても忙しくて、職場で、毎日、寝袋に寝る日々ですよ。

 

何気ない一言でしたが、その時に、ああ、そんなのもありなのかと単純に驚きました。

 

職場に泊まる時には、普通は、布団に寝るか、あるいは、布団のある部屋が占拠されていたら、開いている部屋のソファに毛布や適当に羽織る物をかけて、そのまま寝ているのが通常でしたから。

 

しかし、よく考えると、なかなか合理的です。ソファと毛布では、寒いときには、風邪をひいてしまいます。

 

なによりも、アウトドアで、過ごすことができるくらい保温にすぐれていますので、屋内でしたら、少々暖房が効くまいが、すきま風が入ろうが、平気です。

 

そして、実際に入って寝てみると、自分の体温で適温に保たれ、暖かくて、心地よい。別に泊まらなくても、ちょっとの時間仮眠を取る時にも、重宝します。

 

暖かさと心地よさで、熟睡できます。本当に、気持ちがいい。特に、ちょっと寒いような日には、天国のようです。

 

意外と、普通の布団でしたら、なかなか寝付けないような方でも、シュラフの中なら、すんなりと眠れるかもしれません。

 

また、この延長として、自宅にも一つあると便利かもしれません。

 

少し寒いときに、暖房をあまり使いたく無いような時とか。寝るときばかりではなく、シュラフに入りながらテレビを見るでもいいわけですし。

 

また、不意に誰かお客さんが来て、布団が足りないとか、そのような時にも、使えます。そして、いつどんな災害に見舞われるかも分かりませんので、そんな時には、寝袋とちょっとしたものを持ち出せれば、サバイバル的には、十分かも知れません。

 

固定観念で、寝袋は、外で使う物。という発想から、家の中でも使っても便利。と転換できると、また、ちがった便利さを得ることができる。そんな風に思います。

 

うたた寝というのが、けっこう風邪をひきやすい元になると思われます。
そんなちょっと眠いので横になるという時に、たいてい目をつぶれば、即座に眠りについてしまいますので、風邪の予防のためにも、さっとシュラフの中に入ってしまうということを習慣化する。
これだけでも、回避できる可能性があると思われます。

 

 

スポンサーリンク

寝袋、シュラフを家の中で使う関連エントリー

机の前に座りつづけることこそが才能
本を何度も読んでマスターする
文章をきちんと書く練習をする
テレビドラマなどで見た、印象に残るノート
マニュアルを作ることを趣味にしてみる
知らなかった頃のことを忘れてしまう
記憶のフックを作る
今更ながらに読書にはまる
記憶力のトレーニングをやってみる
古本を安く買ってきて、自炊して、データベースを構築する
取材をするということ
無駄な努力をしてみる
読みたいテキストは、メールで、携帯で読む
発想の方法
情報の保護と紙(文書)の処理
近い過去の歴史から学ぶ
時間も含めて音声ファイルを自分で作る
あきらめのちょっと向こう側
大量の文章を書く才能
やらないと始まらない
目次をコピーして読書ノートにする
本は、買わなければダメか?
ブック・ストッパーを買ってみました
早川義夫さん推薦の本
自分だけの書庫を持つ
経済を学ぶ
記憶のトレーニングと、脳の活性化
トイレの読書と時間の経過
聖書の入り口
本棚全体を自分のデータベースと考える
クリアファイルとファイルボックスでA4の紙を管理する
大統領の読書法
英語の文章を読むのに、スキミングという手法を取り入れてみましょう
図書館を自分の書庫として、使いこなす
図書館をうまく利用できれば、いろいろとできそうです
上達のために比喩で影絵のように記録する
ものごとに上達して、上級者になるために一つのヒントがあります
テクニック、修行
テクニックを得るための修行のことなど
オーディオ・ブックとか、音声で学習する
オーディオ・ブックというものがあります。英語圏では、かなりのタイトルがあります。その効用とすすめです。
新聞を定規で切り取って、ネタを箱にストックする
新聞の記事をネタにする方法
いろいろな作業手順は、手書きで手元にあるほうが楽
パソコンのみではなく、手書きのメモも併用した方が、効率よいこともあります。
記憶することをゲームのように考える
100円均一の二穴バインダー
読んでいても、読めていない
出し尽くしたところから考えが始まる
書類は、手を付けて初めて足りないところが分かる
読書と言っても様々です
ノマドよりも、自宅
パソコンで無料で使える音声入力
過去に読んだ記憶だけ
休日の職場の会議室
研究をするのにノートを作る
新聞の記事や本の一ページを写真に撮って残す
リスト化するメリット
過去記事を読むから対話になる
ルーズリーフノートを使い込む
言葉を学ぶ、調べる