束ねたコピー用紙の裏に自由に書く楽しみ

束ねたコピー用紙の裏に自由に書く楽しみ

子供の頃の落書きは、自由に出来て開放される感じがあります。大人になっても、どうでもいいような紙に好きなものを描いていくのは、楽しいものです。

 

もちろんノートとかきれいな紙に書いてもいいのですが。心理的にちょっと抵抗感があります。もったいないという気持ちが先に立ちます。

 

コピー用紙の裏などを束ねたものがあれば、そこには自由に気兼ねなく書けます。ただ、紙だけを重ねて置いておいてもいいですしクリップで止めたり、ホルダーというかボードを買ってそこに止めておいてもいいです。クリアフォルダーに入れておくのでもいいと思います。職場でしたら、コピー用紙の裏は、会議や伝達事項が来るたびに日々積もってきますので、供給に困ることはありません。

 

私は、100均で、プラスチック製のクリップボードを買って使っています。安いので、職場と自宅にそれぞれ3つずつ置いてあります。書くためのものと、書いたものを一時保存しておくためのものなどです。

 

そして、良いものが書けたら、それをそのまま保存してもいいですし、スマホで写真を撮ってEvernoteあたりで管理するのでもいいと思います。
気軽に書けるというのは、思った以上にメリットがあり、結果的に一番良いものが書けたりします。フリーハンドで適当な絵を描くとか考えても、慎重にゆっくりと描くよりも、サラサラと描いた方が、結局、うまく描けたりします。

 

いたずら書き程度から発想していくということを考えた時に、石森章太郎さんのゼロゼロナインの下りが好きだったりします。漫画家入門の本の一ページに書いてあったメモ。サイボーグと野球のナインからかけ合わせた発想というようなメモでした。

 

とりあえず発想を紙に書いて置くことができれば、後は、いくらでも清書できます。

 

この方法をやってみる上で、一番ネックとなるのは、書いた紙の保存です。誰でも経験があると思いますが、そこいらの紙に書いたものは、必ずと言っていいほど、どこかにまぎれて見失ってしまいます。別に分類する必要もないので、どこか保管場所を決めてそこに古新聞紙を保存するように集めていくというのが、まず第一段階のような気がします。そして、発想に困ったら、そこを覗いて、使えそうなものを拾うという風にやってみる。

 

先に書いた100均のクリップボードの紙をとじていないものを一つ用意して、書いた紙を残したいと思えたら、そこに移動しておきます。後で、時間ができた時にその保存先をゆっくりと決めれば良いと思います。書いている時には、分類とか仕分けとか、保存などに頭を使わないで、ひたすら書くことに専念したいものです。

 

また、スマホで写メに残すようにしたら、どんなに溜まってきても、置き場所にこまるくらいにはならないと思います。また、逆に、例えば、紙を積み重ねていって、自分の身長くらいまでになるようであれば、それは、一財産できたと考えてもいいのではないかと個人的には思います。

 

 

 

スポンサーリンク

束ねたコピー用紙の裏に自由に書く楽しみ関連エントリー

机の前に座りつづけることこそが才能
本を何度も読んでマスターする
文章をきちんと書く練習をする
テレビドラマなどで見た、印象に残るノート
マニュアルを作ることを趣味にしてみる
知らなかった頃のことを忘れてしまう
記憶のフックを作る
今更ながらに読書にはまる
記憶力のトレーニングをやってみる
古本を安く買ってきて、自炊して、データベースを構築する
取材をするということ
無駄な努力をしてみる
読みたいテキストは、メールで、携帯で読む
発想の方法
情報の保護と紙(文書)の処理
近い過去の歴史から学ぶ
時間も含めて音声ファイルを自分で作る
寝袋、シュラフを家の中で使う
あきらめのちょっと向こう側
大量の文章を書く才能
やらないと始まらない
目次をコピーして読書ノートにする
本は、買わなければダメか?
ブック・ストッパーを買ってみました
早川義夫さん推薦の本
自分だけの書庫を持つのも大変です
経済を学ぶ
記憶のトレーニングと、脳の活性化
トイレの読書と時間の経過
聖書の入り口
本棚全体を自分のデータベースと考える
クリアファイルとファイルボックスでA4の紙を管理する
大統領の読書法
英語の文章を読むのに、スキミングという手法を取り入れてみましょう
図書館を自分の書庫として、使いこなす
図書館をうまく利用できれば、いろいろとできそうです
上達のために比喩で影絵のように記録する
ものごとに上達して、上級者になるために一つのヒントがあります
テクニック、修行、言語化して伝えるということ
オーディオ・ブックとか、音声で学習する
オーディオ・ブックというものがあります。英語圏では、かなりのタイトルがあります。その効用とすすめです。
新聞を定規で切り取って、ネタを箱にストックする
新聞の記事をネタにする方法
いろいろな作業手順は、手書きで手元にあるほうが楽
パソコンのみではなく、手書きのメモも併用した方が、効率よいこともあります。
記憶することをゲームのように考える
100円均一の二穴バインダーで紙ものの整理を
読んでいても、読めていない
出し尽くしたところから考えが始まる
書類は、手を付けて初めて足りないところが分かる
読書と言っても様々です
ノマドよりも、自宅
パソコンで無料で使える音声入力
読んだつもりの本をあえて再読する
休日の職場の会議室
研究をするのにノートを作る
新聞の記事や本の一ページを写真に撮って残す
リスト化するメリット
過去記事を読むから対話になる
ルーズリーフノートを使い込む
言葉を学ぶ、調べる
調べる過程を記事にしていく