図書館を自分の書庫として、使いこなす

図書館を自分の書庫として、使いこなす

自分の住んでいる地域の市立図書館は、けっこう使えます。私の地域では、一度に10冊を二週間貸してくれます。蔵書は、ちょっと古いですけど、十分実用に足ります。

 

住んでいる土地の図書館を自分の蔵書として使いこなすためには、まず、アクセスの確認からはじめる必要があります。

 

googleで、自分の住んでいる街の名前と図書館をかけて、検索します。そして、その所在地を確認します。

 

それから、休館日と、開館時間を調べます。
休館日は、毎週月曜日と最終金曜日。
開館時間は、week dayは、午前9時30分から午後7時。
土、日、祝日は、午前9時30分から午後5時。
でした。
返却は、夜間でもポストに入れれば良いので、いつでも返すことができます。
夜でしたら図書館前の道路にちょっとだけ停車して、すぐにポストに入れてということも可能です。
借りる時の条件だけ分かれば使えます。

 

そして、図書館までの交通手段。
車なら、駐車スペース。

 

これで、例えば、日曜日の11時に図書館近くの駐車場まで、
車で行って、数冊借りてくるのを習慣にすると、
今までとは、ちがった環境を作ることができます。
もちろん、ジョギングで行っても、自転車で行ってもいいのですが。

 

雑誌もけっこうありますので、パラパラとめくって、
記事をコピーしてきたりもできます。

 

また、興味をひかれるままに、いろいろと本を手にとって、
読まなくてもいいから、二週間手元において、パラパラとやる。
最初は、そこから。
そして、つまみ食い的に情報を得る。
それを抜き書きしたり、レジュメを作ったり。

 

記録さえ残しておけば、後日、必要になったら、また、
借りることもできます。

 

利用する図書館が、「図書館間貸出制度」に加入していれば、
国立国会図書館から、図書を借りることもできます。
ただし、その場合は、図書館内だけでの閲覧に限られます。
借り出しは、できません。
また、コピーもとれません。

 

これらの蔵書をバックグラウンドとして、ブログやホームページに
自分なりの世界を構築していく。

 

ちょっと、素敵なことかもしれません。

 

めちゃくちゃ物知りになることは、まちがいないと思います。

 

それらのマテリアルを利用して、どれだけの物が書けるか。
試してみるのも楽しいでしょう。

 

発表の場としては、今では、ネットに簡単に作ることができます。
ホームページを作ったり、あるいは、無料ブログでしたら、登録するだけで
簡単に開設できます。
そして、何百記事でも、何千記事でも書くことができます。

 

一昔前なら、作家や学者のみが可能であった世界ですね。
なんにしても、情報として、発信できる手段が、個人の手の中に
ある。
それを生かしたいものです。

 

今、机の上には、今日借りてきた本が三冊乗っています。

 

「困ったときの弁護士活用法」
「新聞に見る雑学のすすめ」
「新 冠婚葬祭入門」

 

いずれも、新刊では、手に取ることもないでしょう。
けれども、それぞれに必要とする情報が載っています。

 

無限に近く蔵書があるという妄想はけっこう楽しいものです。

 

 

スポンサーリンク

図書館を自分の書庫として、使いこなす関連エントリー

机の前に座りつづけることこそが才能
本を何度も読んでマスターする
文章をきちんと書く練習をする
テレビドラマなどで見た、印象に残るノート
マニュアルを作ることを趣味にしてみる
知らなかった頃のことを忘れてしまう
記憶のフックを作る
今更ながらに読書にはまる
記憶力のトレーニングをやってみる
古本を安く買ってきて、自炊して、データベースを構築する
取材をするということ
無駄な努力をしてみる
読みたいテキストは、メールで、携帯で読む
発想の方法
情報の保護と紙(文書)の処理
近い過去の歴史から学ぶ
時間も含めて音声ファイルを自分で作る
寝袋、シュラフを家の中で使う
あきらめのちょっと向こう側
大量の文章を書く才能
やらないと始まらない
目次をコピーして読書ノートにする
本は、買わなければダメか?
ブック・ストッパーを買ってみました
早川義夫さん推薦の本
自分だけの書庫を持つのも大変です
経済を学ぶ
記憶のトレーニングと、脳の活性化
トイレの読書と時間の経過
聖書の入り口
本棚全体を自分のデータベースと考える
クリアファイルとファイルボックスでA4の紙を管理する
大統領の読書法
英語の文章を読むのに、スキミングという手法を取り入れてみましょう
上達のために比喩で影絵のように記録する
ものごとに上達して、上級者になるために一つのヒントがあります
テクニック、修行、言語化して伝えるということ
オーディオ・ブックとか、音声で学習する
オーディオ・ブックというものがあります。英語圏では、かなりのタイトルがあります。その効用とすすめです。
新聞を定規で切り取って、ネタを箱にストックする
新聞の記事をネタにする方法
いろいろな作業手順は、手書きで手元にあるほうが楽
パソコンのみではなく、手書きのメモも併用した方が、効率よいこともあります。
記憶することをゲームのように考える
100円均一の二穴バインダーで紙ものの整理を
読んでいても、読めていない
出し尽くしたところから考えが始まる : ブレインダンプ
書類は、手を付けて初めて足りないところが分かる
読書と言っても様々です
ノマドよりも、自宅
パソコンで無料で使える音声入力
読んだつもりの本をあえて再読する
休日の職場の会議室
研究をするのにノートを作る
新聞の記事や本の一ページを写真に撮って残す
リスト化するメリット
過去記事を読むから対話になる
ルーズリーフノートを使い込む
言葉を学ぶ、調べる
束ねたコピー用紙の裏に自由に書く楽しみ
調べる過程を記事にしていく
学びたい事に関して、年表を作る
雑学の本をいろいろな知識の入り口として利用する
B5のルーズリーフノートにありとあらゆる覚書きをメモしていく
孤独を友とする
シミュレーションをゲームにする
イメージで考えるという方法
刑事ドラマの捜査情報まとめノート
止まっていた時を動かす
サイコパスの壁の紙をクリアファイルで
ライフワークとか言ってないで、今から学問をはじめる
ポイントを箇条書きにするそれを羅列していくそのようなものをたくさん作る
時系列を気にしながら書くのではなく、書けるところから書く
本を手繰りながら読んでいく
パソコンに向かっていてもスマホから音声入力と言うのを併用してもいい
先延ばしが増えると可能性が減る
リクライニングの椅子に横になって音楽を聴きながら本を読む
自分が専門家であるほど、ネットは役に立つ
デスクノートに出来事を記録していく