出し尽くしたところから考えが始まる : ブレインダンプ

出し尽くしたところから考えが始まる : ブレインダンプ

発想法にも色々ありますが

 

色々な本を読んでいると、発想法に関して、それぞれこれがベストというように紹介されています。

 

ブレインダンプなども有名ですが。

 

今までは、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる 的なものかと思っていました。でも、それだけでは無いのだと、最近読んだ本で気づきました。

 

あることに関して考えるときに、人間は、ポピュラーで誰でもが考えつくことを優先的に思い浮かべてしまう傾向があるとのことです。まあ、当たり前と言えば当たり前のことですが。

 

学校の試験や資格試験などのその能力があるからこそ合格できるわけですし。

 

思いつくことを片っ端から紙に書き出すというのが、ブレインダンプのやり方と思いますが。

 

この開始した初期段階で、誰にでもすぐに思いつくことが出尽くしていくというのが、どうやらキモのようです。

 

数をこなせばこなすほど、最後の方には、ネタが尽きた状態になってきます。

 

そのもう枯渇してきた状態からが、オリジナルをひねり出す段階に入るのだと。
少なくとも、今は、そのように理解しています。

 

すなわちありふれた発想すべてをブロックした状態にして、それ以外を考え出すということです。最初から、それ以外だけを考えることはできません。その前段階の出し尽くすという作業がどうしても必要になってくるわけです。

 

実践してつかむ

 

理屈はなんとなく腑に落ちる気がします。後は、実践あるのみです。

 

そもそも発想法の本などは、それを読んで理解出来たとしてもそれだけではなんの役にも立ちません。実践を繰り返して、それを常に使うツールにまで落とし込んで、そこから生み出される結果を積み重ねていくことこそ、一番大切な部分です。

 

A4のコピー用紙を用意して、毎日、時間さえあれば、ブレインダンプをやってみる。そこがスタートで、また、ゴールなど無く、一生続くトレーニングになるのだろうと思います。

 

そして、トレーニングの過程は決して捨ててしまわないで、積み重ねて蓄積しておいて、後日、振り返ってみるのも有意義なことです。その積んである量そのものが報酬の効果もありますので、励みになりますし。

 

何よりも、一度苦労して書き出したものは、後日、パット見て大体をすぐに把握できます。それを見ることによって過去の思考を頭の中に保持しなおせたら、そこから他のこととつながって発想につながる可能性が出てくると思います。

 

ブレインダンプ的な考え方

 

このブレインダンプ的な考え方というのは、他にも転用できそうです。

 

例えば、物語を書くことを考えると、いくつかのシナリオを書くことがその一つだろうと思います。誰でもが思いつくような結末。それがすぐに思いつくのなら、それを書いてみる。そして、それをちょっとひねってみる。ありふれたものから少しだけ逸脱するような方向性を考えていく。行く手を遮ってしまって別の発想をしなければならない状況を作る。

 

ストーリーばかりではなく、視点を変えてみるとか。たたき台を作って、それをもとにしてアレンジしていく。そして、色々な可能性を出し尽くしたら、おもむろにそれらの中から自分なりにしっくりくるような結末につなげていく。そんな方法を考えています。

 

ブレインダンプが終わったら

 

ブレインダンプが終了したら、そこで終わりではありません。

 

その出てきたキーワードをマインドマップでまとめたりは、有意義と思います。また、最終的には、箇条書きでも良いので、文章化するところまでが必要と思います。

 

単語一つだけでは、何を考えていたのかがわかりにくいものです。その時には、なんとなく記憶にあったとしても、後日、日にちが経ってから見直すと忘れていたことも多いものです。

 

数ヶ月、数年先の自分は、他人みたいなものです。文章まで作成しておくと、他の人に伝えることができます。未来の自分に向けてメッセージを残していく。そんな感じです。

 

 

 

スポンサーリンク

出し尽くしたところから考えが始まる : ブレインダンプ関連エントリー

机の前に座りつづけることこそが才能
本を何度も読んでマスターする
文章をきちんと書く練習をする
テレビドラマなどで見た、印象に残るノート
マニュアルを作ることを趣味にしてみる
知らなかった頃のことを忘れてしまう
記憶のフックを作る
今更ながらに読書にはまる
記憶力のトレーニングをやってみる
古本を安く買ってきて、自炊して、データベースを構築する
取材をするということ
無駄な努力をしてみる
読みたいテキストは、メールで、携帯で読む
発想の方法
情報の保護と紙(文書)の処理
近い過去の歴史から学ぶ
時間も含めて音声ファイルを自分で作る
寝袋、シュラフを家の中で使う
あきらめのちょっと向こう側
大量の文章を書く才能
やらないと始まらない
目次をコピーして読書ノートにする
本は、買わなければダメか?
ブック・ストッパーを買ってみました
早川義夫さん推薦の本
自分だけの書庫を持つのも大変です
経済を学ぶ
記憶のトレーニングと、脳の活性化
トイレの読書と時間の経過
聖書の入り口
本棚全体を自分のデータベースと考える
クリアファイルとファイルボックスでA4の紙を管理する
大統領の読書法
英語の文章を読むのに、スキミングという手法を取り入れてみましょう
図書館を自分の書庫として、使いこなす
図書館をうまく利用できれば、いろいろとできそうです
上達のために比喩で影絵のように記録する
ものごとに上達して、上級者になるために一つのヒントがあります
テクニック、修行、言語化して伝えるということ
オーディオ・ブックとか、音声で学習する
オーディオ・ブックというものがあります。英語圏では、かなりのタイトルがあります。その効用とすすめです。
新聞を定規で切り取って、ネタを箱にストックする
新聞の記事をネタにする方法
いろいろな作業手順は、手書きで手元にあるほうが楽
パソコンのみではなく、手書きのメモも併用した方が、効率よいこともあります。
記憶することをゲームのように考える
100円均一の二穴バインダーで紙ものの整理を
読んでいても、読めていない
書類は、手を付けて初めて足りないところが分かる
読書と言っても様々です
ノマドよりも、自宅
パソコンで無料で使える音声入力
読んだつもりの本をあえて再読する
休日の職場の会議室
研究をするのにノートを作る
新聞の記事や本の一ページを写真に撮って残す
リスト化するメリット
過去記事を読むから対話になる
ルーズリーフノートを使い込む
言葉を学ぶ、調べる
束ねたコピー用紙の裏に自由に書く楽しみ
調べる過程を記事にしていく
学びたい事に関して、年表を作る
雑学の本をいろいろな知識の入り口として利用する
B5のルーズリーフノートにありとあらゆる覚書きをメモしていく
孤独を友とする
シミュレーションをゲームにする
イメージで考えるという方法
刑事ドラマの捜査情報まとめノート
止まっていた時を動かす
サイコパスの壁の紙をクリアファイルで
ライフワークとか言ってないで、今から学問をはじめる
ポイントを箇条書きにするそれを羅列していくそのようなものをたくさん作る
時系列を気にしながら書くのではなく、書けるところから書く
本を手繰りながら読んでいく
パソコンに向かっていてもスマホから音声入力と言うのを併用してもいい
先延ばしが増えると可能性が減る
リクライニングの椅子に横になって音楽を聴きながら本を読む
自分が専門家であるほど、ネットは役に立つ
デスクノートに出来事を記録していく