取材をするということ

取材をするということ

作家ではなくても

 

私自身は、作家ではありませんが。
それでも、ブログとか、ホームページに記事を書くことをちょこちょこ
やってみています。

 

まあ、今の時代、誰でもが気軽にやっていることですが。

 

作家の方は、沢山の資料を古本屋街で買い込んできてなどと、
よくインタビューとか、雑誌の特集記事で読んだりします。

 

当然、飯の種なので、取材費は、潤沢に使って、いろいろな資料を
集めるのだろうと思います。

 

でも、それが必要なのは、作家ばかりではありません。

 

また、取材したものをリライトなどということは、決してありえません。

 

それを材料として、場合によっては、一冊からほんのちょっとを利用するとか、
材料を元に新たなものを作り上げていくわけです。

 

資料を集めて、それを咀嚼しながら

 

個人で、記事を書くときにも、同様に、資料は沢山集めるけれども、
それらをうまく咀嚼しながら、自分のオリジナルなものを目指す。

 

そのスタンスが必要と思います。

 

資料は、本を集めるのも、ネットを使えば、かなり効率よく探せます。

 

また、ネット上のコンテンツ自体も、有効な資料になりますし、
言語を日本語に限定しないで、英語まで広げれば、情報源は、
格段に増えます。

 

はじめからできないのは、そのような考え方をしてこなかったから
だろうと思います。

 

ものを書くときに、方向性を考えて、そこに向けて材料を集める。

 

そして、ある程度集まったら、情報を読みこなして、まとめて、そこからまた、
疑問が湧いて調べていく。

 

そうやって、どんどんすすめていけば良い。
そう思います。

 

この時に、1つの事柄にこだわらないで、いくつか並行してやる必要も
ありそうです。

 

自分が、作家やノンフィクションライターになったような気分で文章を書いてみる。

 

とりあえず、良い方法の1つかもしれないと思います。

 

ネット上の取材には、Evernoteが使いやすい

 

ネットでの検索結果をしっかりと読みこなしていくというのは、お金もかかりませんし、ありとあらゆることに対応可能なので、重宝します。

 

でも、調べっぱなし、読みっぱなしでは、ちょっともったいない感じもします。

 

Evernoteを使って、ノートを作りながら、そこにリンクも残しながらまとめておくのがいいと思われます。

 

ネットの記事は、いつしか削除されたりすることもありますので、できれば、プレーンテキストで残しておくのがいいと思います。

 

ブラウザの画面上で選択してコピー、そして、Evernote上にペースト。

 

ノートリンクをコピー を使えば、ハイパーテキスト化することもできます。

 

日本語だけではなく、英語もまとめていく。
自ら世界を広げる努力をするのがいいと思います。

 

けっこう楽しいのではないかと考えています。

 

また、平行して、大学ノートに万年筆で記録していくというのも捨てがたい魅力があります。

 

何よりも、パソコンが無いところでも、参照できますし、安くて手軽です。

 

ノートの方が視認性が良いので、ちょっとしたキーワードでも書いてあると、後々助かる場面があると思います。

 

スポンサーリンク

取材をするということ関連エントリー

机の前に座りつづけることこそが才能
本を何度も読んでマスターする
文章をきちんと書く練習をする
テレビドラマなどで見た、印象に残るノート
マニュアルを作ることを趣味にしてみる
知らなかった頃のことを忘れてしまう
記憶のフックを作る
今更ながらに読書にはまる
Kindle本で出ているか出ていないか
記憶力のトレーニングをやってみる
古本を安く買ってきて、自炊して、データベースを構築する
3GなしのKindle Paper Whiteで十分かもしれません
Kindleで読みたい本を探す
無駄な努力をしてみる
読みたいテキストは、メールで、携帯で読む
発想の方法
情報の保護と紙(文書)の処理
近い過去の歴史から学ぶ
時間も含めて音声ファイルを自分で作る
寝袋、シュラフを家の中で使う
あきらめのちょっと向こう側
大量の文章を書く才能
やらないと始まらない
目次をコピーして読書ノートにする
本は、買わなければダメか?
ブック・ストッパーを買ってみました
早川義夫さん推薦の本
自分だけの書庫を持つ
経済を学ぶ
記憶のトレーニングと、脳の活性化
トイレの読書と時間の経過
聖書の入り口
本棚全体を自分のデータベースと考える
クリアファイルとファイルボックスでA4の紙を管理する
いろいろと、プロジェクトや興味のあることが多いと、ノートでは、管理が難しくなります。また、コピー紙の裏紙とか、捨てるのももったいないので、それを利用して、システムを考えてみます。
大統領の読書法
英語の文章を読むのに、スキミングという手法を取り入れてみましょう
図書館を自分の書庫として、使いこなす
図書館をうまく利用できれば、いろいろとできそうです
上達のために比喩で影絵のように記録する
ものごとに上達して、上級者になるために一つのヒントがあります
テクニック、修行
テクニックを得るための修行のことなど
オーディオ・ブックとか、音声で学習する
オーディオ・ブックというものがあります。英語圏では、かなりのタイトルがあります。その効用とすすめです。
新聞を定規で切り取って、ネタを箱にストックする
新聞の記事をネタにする方法
いろいろな作業手順は、手書きで手元にあるほうが楽
パソコンのみではなく、手書きのメモも併用した方が、効率よいこともあります。
記憶することをゲームのように考える
100円均一の二穴バインダー
読んでいても、読めていない
出し尽くしたところから考えが始まる
Kindleのメモとハイライトをブラウザで見る
書類は、手を付けて初めて足りないところが分かる
読書と言っても様々です
ノートリンクをコピーがアプリ内リンクをコピーに変わっていました
ノマドよりも、自宅
Evernoteに向かって執筆する
パソコンで無料で使える音声入力