架空請求のメールが届きました

架空請求のメールが届きました

以前、メインで使っていたメールアドレスに、かなりスパムメールが多く届くようになってきましたので、Gmailに転送して確認するようにしています。

 

ときどき、迷惑メールのチェックをするのですが、本日、確認していたところ、架空請求のメールがありました。

 

「規約違反による契約不履行の損害賠償請求」というタイトルのメールで、ウイルスの添付はなさそうなので、内容を確認してみました。

 

怪しいサイトは、まったく立ち寄っていませんので、思い当たることもなく、最初から、それなりのメールと分かっていましたが、一応、確認しておくことにしました。

 

しかし、ちょっとどきっとして、内容を読んでみたいタイトルを付けるものですね。内容は、契約違反があって、違約金を払え。というもので、連絡が無ければ、法的措置を執る。というものです。

 

具体的な内容は無く、メールでの問い合わせは不可で、電話をしろ。ということです。当然、このメールは、ランダムで、スパムとして送っているだけで、それを真に受けて、電話をしてしまったら、そこから、「はじまる」訳です。

 

このようなメールが来たら、会社名をGoogleで検索すると良いでしょう。おそらく、詐欺メールとして、登録されています。

 

こちらのサイトにいろいろと情報があります。

 

架空請求データベース

 

この手の詐欺には、果てがありませんので、パターンを把握して、自衛するしかありませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

架空請求のメールが届きました関連エントリー

ネット上のサイトを編集する:リンク集的な記事を書く
Windows Live Writer で、過去記事の編集をする
ホームページやブログに記事を書くということに関して
1つのホームページに1冊のノートをあてる
IDとパスワードは、ノートに管理
インターネットの使い方も便利になった分、受け身になっています
スマホからEvernoteを利用する
ブックマークのちょっと変わった管理方法
Windows Live Writer でブログへの投稿が楽になりました
MetaGatewayを通して、Windows Live Writerで投稿
ScribeFire Blog Editorの設定の仕方
取り扱い説明書をブログで電子化する
google chome のブックマークとソーシャルブックマーク
翻訳サイトを探してみる
自分でホームページを持つ効用
記事を書くのにも分業:Evernoteを使って
タイトルバナーの簡単な作り方
PettyCamera 1.4といつソフトを使って、スクリーンショットにより、タイトルバナーを簡単に作る作り方
Real Player で YouTube を簡単にダウンロード
Real Player で YouTube をダウンロードする方法の解説です
Gmailとブログ、HPの記事の連携
ブログやHPに記事を投稿するその前段階として、準備にGmailを利用しています。
ブログやホームページと著作権
ネット上での著作権とそのクリアの仕方の一つをあげてみます
調べの過程を記事にしたら、ネタは無限
記事を量産するためには、Evernoteが良い
徹底的に調べると、違った世界が見えてくる
ブログにいくつ文章を書いても無料
調べた結果を記事にまとめて残していく
小見出しをつけると制限されてしまう
ネットで検索することによって沢山の知識を得る
語り口を磨くというのも一つの方向性
毎日、検索してネタを探す
ブログを情報収集の拠点とする
記事をリライトすることによって書き方が変わってきました