インターネットの使い方も便利になった分、受け身になっています

インターネットの使い方も便利になった分、受け身になっています

インターネットの環境も、ずいぶん便利になっています

 

受け身になっているということも、むかしに比べてということですが。

 

私が、最初にネットに触れたのは、まだ、インターネットもあまり一般には知られていない頃。NIFTYサーブで、パソコン通信と呼ばれていた時代です。NIFTYと電話回線ですから、当然、お金がかかります。色々なテーマでフォーラムがあって、そこに入って、投稿を読む。掲示板みたいな感じです。そして、記事を読んでいる間にも、電話料金がかかりますので、自動巡回ソフトを利用していました。登録したフォーラムの新着記事を読み込んで、自動的に終了し、電話回線も切断する。そんな感じでした。

 

その後、compuserveという海外のネットワークにニフティ経由で接続したり。そして、その後にインターネットが少しずつ浸透しはじめた。そんな感じです。

 

当時は、アクティブに交流をはかったものでした

 

その当時は、プログレ隔離室という音楽のフォーラムに参加していました。たまにですが、書き込みもしたりして、親しい人もでき、オフ会をしたこともあります。

 

compusereve経由では、海外の方々と同様に交流もしたものです。News Group という文字だけの掲示板のような仕組みで。

 

今は、インターネットで、使いやすいサービスが沢山ありますが

 

今では、ネット自体も常時接続が当たり前ですし、速度もそれほどストレス無く使えます。ブログやホームページで、直接コンタクト取ることもできますし、ツイッターやLINEもあります。

 

その気になって、交流を求めたら、かなり簡単にいろいろな方々とやりとりできる環境にあります。でも、不思議と、便利になればなるほど、あまりコンタクトを取ってみたいという欲求が薄くなってきているように思います。いつでもできると考えて、先延ばしにしている。そんな感じかもしれません。

 

someday never comes

 

いつか、なんていう日は、永遠に訪れることはない。むかしのロックバンドも歌っていたように、やってみたいことは、今、やるしかないかもしれません。

 

先程も、その便利さに驚いていたところですが

 

すでに十分な環境にめぐまれているのだということを再認識することから、もっと色々なことが出来るようになっていくのだろうと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

インターネットの使い方も便利になった分、受け身になっています関連エントリー

ネット上のサイトを編集する:リンク集的な記事を書く
Windows Live Writer で、過去記事の編集をする
ホームページやブログに記事を書くということに関して
1つのホームページに1冊のノートをあてる
IDとパスワードは、ノートに管理
スマホからEvernoteを利用する
ブックマークのちょっと変わった管理方法
Windows Live Writer でブログへの投稿が楽になりました
MetaGatewayを通して、Windows Live Writerで投稿
架空請求のメールが届きました
ScribeFire Blog Editorの設定の仕方
取り扱い説明書をブログで電子化する
google chome のブックマークとソーシャルブックマーク
翻訳サイトを探してみる
自分でホームページを持つ効用
記事を書くのにも分業:Evernoteを使って
タイトルバナーの簡単な作り方
PettyCamera 1.4といつソフトを使って、スクリーンショットにより、タイトルバナーを簡単に作る作り方
Real Player で YouTube を簡単にダウンロード
Real Player で YouTube をダウンロードする方法の解説です
Gmailとブログ、HPの記事の連携
ブログやHPに記事を投稿するその前段階として、準備にGmailを利用しています。
ブログやホームページと著作権
ネット上での著作権とそのクリアの仕方の一つをあげてみます
調べの過程を記事にしたら、ネタは無限
記事を量産するためには、Evernoteが良い
徹底的に調べると、違った世界が見えてくる
ブログにいくつ文章を書いても無料
調べた結果を記事にまとめて残していく
小見出しをつけると制限されてしまう
ネットで検索することによって沢山の知識を得る
語り口を磨くというのも一つの方向性
毎日、検索してネタを探す
ブログを情報収集の拠点とする
記事をリライトすることによって書き方が変わってきました