記事を量産するためには、Evernoteが良い

記事を量産するためには、Evernoteが良い

記事タイトルと小見出し3つ

 

とりあえずの方法として、記事を書くときに、記事タイトルを考えたあとに書く内容を小見出しとして3つ書くようにしています。これがあれば、入れ物みたいなもので、それぞれの下に関連することを書いていくというシンプルな作業になります。小見出し一つ分である程度の量になったら、全体のボリュームもまあまあになります。

 

 

暇な時にEvernoteを開いて記事を書く

 

一度に書ける量というものが漠然となのですが、あるように感じます。それは、体力的なものもあると思いますし、気力の問題もあると思います。なによりも入力作業だけというわけではなくて、考えて文章を作るという過程において、ネタの枯渇とか、いろいろあります。

 

でも、ひとたび時間を空けると、続きがすんなり出てくることもあります。不思議なものですが、人間の頭はそのようにできているのかもしれません。無理をしないで、やりやすいところから手を付けていく。そんな感じです。

 

試験問題でも、最初から順番にやっていると難しいところでひっかかって時間がかかり時間切れとなります。順番に関係なく、ぱっとできそうなところから手を付けると、気がつくとかなりの部分に解答できていたりします。そして、残りの問題も時間がけっこう残っていますので、余裕をもって取り組めます。ほとんどのことは、同様の要素があると思われます。

 

 

時間を味方につけて、過去と現在と未来の自分の共同作業的なやり方

 

一度にがんばるのではなく、力を抜いて、うまくいくところから虫食い的にこなしていく。そして、時間が経つにつれていつのまにかある程度の量にまとまっている。これは、心理的ストレスが少なく、結果的に量を多く書くことができます。そして、完璧を期さないという点から気軽に書くことができるという側面もあります。

 

とりあえず書いて、あとで修正を念頭においておく。とてもやりやすい。

 

 

 

スポンサーリンク

記事を量産するためには、Evernoteが良い関連エントリー

ネット上のサイトを編集する:リンク集的な記事を書く
Windows Live Writer で、過去記事の編集をする
ホームページやブログに記事を書くということに関して
1つのホームページに1冊のノートをあてる
IDとパスワードは、ノートに管理
インターネットの使い方も便利になった分、受け身になっています
スマホからEvernoteを利用する
ブックマークのちょっと変わった管理方法
Windows Live Writer でブログへの投稿が楽になりました
MetaGatewayを通して、Windows Live Writerで投稿
架空請求のメールが届きました
ScribeFire Blog Editorの設定の仕方
取り扱い説明書をブログで電子化する
google chome のブックマークとソーシャルブックマーク
翻訳サイトを探してみる
自分でホームページを持つ効用
記事を書くのにも分業:Evernoteを使って
タイトルバナーの簡単な作り方
PettyCamera 1.4といつソフトを使って、スクリーンショットにより、タイトルバナーを簡単に作る作り方
Real Player で YouTube を簡単にダウンロード
Real Player で YouTube をダウンロードする方法の解説です
Gmailとブログ、HPの記事の連携
ブログやHPに記事を投稿するその前段階として、準備にGmailを利用しています。
ブログやホームページと著作権
ネット上での著作権とそのクリアの仕方の一つをあげてみます
調べの過程を記事にしたら、ネタは無限
徹底的に調べると、違った世界が見えてくる
ブログにいくつ文章を書いても無料
調べた結果を記事にまとめて残していく
小見出しをつけると制限されてしまう
ネットで検索することによって沢山の知識を得る
語り口を磨くというのも一つの方向性
毎日、検索してネタを探す
ブログを情報収集の拠点とする
記事をリライトすることによって書き方が変わってきました