タイトルバナーの作り方

タイトルバナーの簡単な作り方

タイトルバナーをきれいにかっこよく作りたい。そう考えている人は多いと思います。
けれども、なかなか作ろうと思っても、うまくいかないことが多いかと思います。

 

そんなときに、PettyCamera 1.4というフリーソフトが役に立ちます。

 

スクリーンショットの撮り方

 

ここのサイトをご覧ください。
B.専用のツールを使う方法
のところにダウンロードのリンクがあります。

 

この解説ページにありますように、ソフトをインストールして、起動すると、枠線で囲んでキャプチャすることになります。
いわゆるスクリーンショットです。

 

この枠のサイズに画面を切り取る機能を利用して、まず、すでにあるタイトルバナーをこの枠で囲み、サイズを決めてから、バナーにしたい画像を型抜きするようにキャプチャすればいいのです。

 

最初は、このようにやっていましたが、PettyCameraの枠自体に、画像のサイズが表示されていることに気づきました。
「とる」というボタンの左側に 794X151 のように枠線のサイズが表示されます。この表示を目的とするサイズに合わせると、きちんと欲しいサイズのスクリーンキャプチャーができます。

 

一例としては、私が使っているタイトルバナーは、800X155 ピクセルでした。

 

大きな画像の一部分をトリミングして、切り抜いてもいいですし、写メール程度の小さな画像を左端に入れて、残りを空白にしてもいいのです。

 

そして、できた画像は、Photoshopなどで加工できます。

 

なによりも、タイトルバナーに適したサイズの画像ファイルができる。ということが、一番のメリットかと思われます。

画像を加工するソフト

フリーソフトで、画像を加工するソフトを探します。

 

JTrim

 

このJTrim というソフトが、無料で、しかも使いやすいと思います。

 

そして、ちょうど、バナーをこのソフトを使って、作られた方の
ブログがありました。

 

Jtrim:フリーソフトを使った画像作成(3)、バナーを作ってみる。

 

先ほど、作った定型サイズの画像を利用して、加工すると、ちょうどいいように
思えます。

 

そして、Web Ring もあります。

 

JTrim Ring 【画像作成/加工遊びの環】

 

先ほどのPettyCamera 1.4 と、このJTrim へのポインタとなっているだけでも、
このページの役割は、果たせているように思っています。

 

使ってみた感想など、少しずつ反映させていきたいと思います。

デジカメの関してのサイト

素材として、デジカメで撮った写真は、やはり、中心となるでしょう。

 

デジカメの撮り方・テクニック

 

一つずつ、参考になるサイトを探して、リンクしてみます。

スポンサーリンク

タイトルバナーの簡単な作り方関連エントリー

ネット上のサイトを編集する
Windows Live Writer で、過去記事の編集をする
ホームページやブログに記事を書くということに関して
1つのホームページに1冊のノートをあてる
スマホとEvernoteとGmail
IDとパスワードは、ノートに管理
便利になった分、受け身になっています
スマホからEvernoteを利用する
Evernote も管理してみる
ブックマークのちょっと変わった管理方法
evernoteを使って、ネットで調べ物をする
Windows Live Writer でブログへの投稿が楽になりました
MetaGatewayを通して、Windows Live Writerで投稿
架空請求のメールが届きました
ScribeFire Blog Editorの設定の仕方
取り扱い説明書をブログで電子化する
おいしい(delicious)、ソーシャルブックマーク
deliciousという無料のソーシャルブックマークサービスとFireFox のプラグインに関してです。
翻訳サイトを探してみる
自分でホームページを持つ効用
記事を書くのにも分業
Real Player で YouTube を簡単にダウンロード
Real Player で YouTube をダウンロードする方法の解説です
Gmailとブログ、HPの記事の連携
ブログやHPに記事を投稿するその前段階として、準備にGmailを利用しています。
ブログやホームページと著作権
ネット上での著作権とそのクリアの仕方の一つをあげてみます
調べの過程を記事にしたら、ネタは無限
記事を量産するためには、Evernoteが良い
徹底的に調べると、違った世界が見えてくる