取り扱い説明書をブログで電子化する

取り扱い説明書をブログで電子化する

デジカメとか、パソコンとか、テレビとかハードディスクレコーダーとか。電子機械の製品が、家の中にあふれています。

 

一般的なユーザーとしては、とりあえず使ってみて操作方法を覚える。そして、困ったら、マニュアルの該当部分を探してみる。そんな感じかと思います。そして、大半のものは、それなりに使いこなして行くことができます。

 

しかし、製品に付属のマニュアルは、読みにくいことが多く、目的とするページを探し出すのにも時間がかかります。また、調べて、使い方が分かっても、その製品をしばらく使わないでいると、操作方法を忘れてしまいます。

 

そこで、マニュアルを見ながら、実際の製品の写真をデジカメで撮り、それを配置しながら、ブログにまとめていく。そんな方法は、どうでしょう。

 

自分が持っている製品なので、画像と実物のくいちがいもありません。一度できたことは、再現性をもたせることは、比較的簡単です。

 

例えば、デジカメで言えば、ここのボタンを押して、このメニューで、こういう風にすれば、フラッシュを止めることができるとか。そして、ブログであれば、検索が楽です。大半のブログには、ブログ内の検索機能が付いています。

 

この作業自体も、はまれば、かなり楽しいと思います。そして、今まで知らなかった機能や使い方を発見する機会にもなります。

 

そして、売れ筋の製品でしたら、けっこうアクセスも呼べるかも知れません。同じ製品を使っている人に取っては、かゆいところに手が届く、そんな記事に思えるでしょう。

 

自分が使って便利だと思うコンテンツをネット上にアップする。これこそ、インターネットの本来の意味ではないかと思われます。

 

また、今では、ほとんどの有名所の家電に関しては、本家のホームページ上にマニュアルが電子化されてアップされています。そこへのリンクも残しておけば、手持ちの紙のマニュアルを紛失してしまっても助かります。

 

 

スポンサーリンク

取り扱い説明書をブログで電子化する関連エントリー

ネット上のサイトを編集する:リンク集的な記事を書く
Windows Live Writer で、過去記事の編集をする
ホームページやブログに記事を書くということに関して
1つのホームページに1冊のノートをあてる
IDとパスワードは、ノートに管理
インターネットの使い方も便利になった分、受け身になっています
スマホからEvernoteを利用する
ブックマークのちょっと変わった管理方法
Windows Live Writer でブログへの投稿が楽になりました
MetaGatewayを通して、Windows Live Writerで投稿
架空請求のメールが届きました
ScribeFire Blog Editorの設定の仕方
google chome のブックマークとソーシャルブックマーク
翻訳サイトを探してみる
自分でホームページを持つ効用
記事を書くのにも分業:Evernoteを使って
タイトルバナーの簡単な作り方
PettyCamera 1.4といつソフトを使って、スクリーンショットにより、タイトルバナーを簡単に作る作り方
Real Player で YouTube を簡単にダウンロード
Real Player で YouTube をダウンロードする方法の解説です
Gmailとブログ、HPの記事の連携
ブログやHPに記事を投稿するその前段階として、準備にGmailを利用しています。
ブログやホームページと著作権
ネット上での著作権とそのクリアの仕方の一つをあげてみます
調べの過程を記事にしたら、ネタは無限
記事を量産するためには、Evernoteが良い
徹底的に調べると、違った世界が見えてくる
ブログにいくつ文章を書いても無料
調べた結果を記事にまとめて残していく
小見出しをつけると制限されてしまう
ネットで検索することによって沢山の知識を得る
語り口を磨くというのも一つの方向性
毎日、検索してネタを探す
ブログを情報収集の拠点とする
記事をリライトすることによって書き方が変わってきました