自分でホームページを持つ効用

自分でホームページを持つ効用

自分でホームページを持つ効用というのも色々とあるかもしれません。

 

今では、ブログもホームページも比較的簡単に作れるようになり、多くの方が、作成されていると思います。

 

毎日の記事の更新からいうと、ブログが簡単で扱いやすいのですが、いろいろと記事同士の連携を取ったりするには、ホームページ形式の方が簡単に思えます。

 

例えば、過去の記事。これに対するインデックスをまとめようと考えても、ブログは、自由度が低いので、けっこう面倒です。htmlも、cssも自由自在という方にとっては、なにも問題ではないかもしれませんが。。

 

また、ソーシャルブックマークというサービスもあり、こちらも便利に使わせていただいております。これも、便利であるがために、ついついなんでもかんでもブックマークしてしまい、かえって目的のサイトを探すのに手間取ることもあります。

 

個人的な考えでは、ソーシャルブックマークは、他の方のを参考にさせていただいて、新しいサイトを知るのに使う。これが一番のメリットに思えます。

 

登録しておいて、目的の頻繁に利用するページを記録しておくのならば、ホームページに自分でリンクを貼って、そこにコメントをつけて、場合によっては、テーマ毎に分類してというような作業をすることによって、格段に使い勝手が良くなります。

 

今現在のホームページの使い方としては、自分で使い勝手の良いリンク集と、記事の混在。そのように使っているところがいろいろな意味でバランスが良いように思えます。

 

この記事を書いてアップしているこのホームページには、リンク集はつけていませんが、自分だけのポータルサイトに、文章や、アフィリなどもある。ちょうど雑誌のような感じになっているのが性に合っている。そんな気がします。

 

文章では、お役に立てなくても、リンク集として、役に立つサイトを作れる。そのような可能性もあると思います。そのような目的でいえば、ブログは、使いにくく、ホームページ形式の方が、扱いやすいです。

 

その他には、やはりホームページというのは、自分が書いた文章を公共に発表できるところだろうと思います。文章を入力して、アップロードした瞬間に、理論的には、いくらでもアクセスできる状態になります。(アクセスが増えるかどうかは、別問題なのですが)

 

やはりこの無料で公開できるというところには、無限の可能性を感じることができます。(ホームページ作成やレンタルサーバー、独自ドメインにそれぞれいくらかのお金はかかりますが、微々たるもので、実質無償に近いと感じています)

 

また、アクセスが沢山集まるというような有形のメリットの他に、仮にアクセスがほとんどなかったとしても、読まれる可能性のあるところに文章をアップするというその緊張感があります。緊張感を持って文章を書くことができるということ自体が貴重な経験たりうると思います。

 

 

スポンサーリンク

自分でホームページを持つ効用関連エントリー

ネット上のサイトを編集する:リンク集的な記事を書く
Windows Live Writer で、過去記事の編集をする
ホームページやブログに記事を書くということに関して
1つのホームページに1冊のノートをあてる
IDとパスワードは、ノートに管理
インターネットの使い方も便利になった分、受け身になっています
スマホからEvernoteを利用する
ブックマークのちょっと変わった管理方法
Windows Live Writer でブログへの投稿が楽になりました
MetaGatewayを通して、Windows Live Writerで投稿
架空請求のメールが届きました
ScribeFire Blog Editorの設定の仕方
取り扱い説明書をブログで電子化する
google chome のブックマークとソーシャルブックマーク
翻訳サイトを探してみる
記事を書くのにも分業:Evernoteを使って
タイトルバナーの簡単な作り方
PettyCamera 1.4といつソフトを使って、スクリーンショットにより、タイトルバナーを簡単に作る作り方
Real Player で YouTube を簡単にダウンロード
Real Player で YouTube をダウンロードする方法の解説です
Gmailとブログ、HPの記事の連携
ブログやHPに記事を投稿するその前段階として、準備にGmailを利用しています。
ブログやホームページと著作権
ネット上での著作権とそのクリアの仕方の一つをあげてみます
調べの過程を記事にしたら、ネタは無限
記事を量産するためには、Evernoteが良い
徹底的に調べると、違った世界が見えてくる
ブログにいくつ文章を書いても無料
調べた結果を記事にまとめて残していく
小見出しをつけると制限されてしまう
ネットで検索することによって沢山の知識を得る
語り口を磨くというのも一つの方向性
毎日、検索してネタを探す
ブログを情報収集の拠点とする
記事をリライトすることによって書き方が変わってきました