ネットで検索することによって沢山の知識を得る

ネットで検索することによって沢山の知識を得る

ネットの記事は、信憑性に問題があるとか言われますが

 

ネットの記事には、いい加減なことが書かれてあったり、実際と違うことが書かれていることもあったりで、すべて信用することはできない。信憑性に問題がある場合も含まれているので、それをメインとしないほうが良いということを良く聞いたり、目にしたりします。

 

当然、この文言自体は正しいことと思えますが。それでも、あえて、ネットで十分と考えてみたくもあります。

 

無料で無限の情報源にふれることができる僥倖

 

今では、誰もがネットで検索する時代です。しかも無料で。一昔前では、まったく想像もつかなかった未来に居ます。逆に誰でもが出来ることなので、それが出来るということ自体は、あまりアドバンテージになりません。

 

すなわち、そこから先のスキルが問題になってきます。どのような情報にアクセスするかということと、そこから先のこと。それらの情報をどのように組み合わせるかとか、どう解釈していくかというようなこと。

 

能力としては、情報を収集する以上のこと。そこから先の本当に頭を使うということが求められていると思います。

 

何故、書籍なら問題ないと考えるのか

 

いつも不思議に思うのは、何故、紙の書籍ならば、全面的に信頼してしまえるのかということです。

 

むかし、ジェファーソン・エアプレインというヒッピームーブメント、サイケデリックムーブメントの旗頭だったアメリカのロックバンドがありました。その女性リードシンガーのグレース・スリックが、インタビューで語っていたことの一部。印刷された本や雑誌に書かれていることを全部正しいと鵜呑みにしてしまう女性に関しての物語。というような表現がありました。それに近いものがあるのかもしれません。

 

検証することも1つの能力

 

Twitterを見ていても、同じことに関して、立場の違いでまったく正反対の意見が述べられています。どちらが正しくてどちらが間違っているということはありません。つまりは、自分の頭で考えて、それを検証するという作業なしには、その記事の信憑性を評価されることはないということになります。

 

今書いているこのような記事の常として、実践が抜けるということがあります。そんなに素晴らしいことがネットで出来るなら実践してみて欲しいと。そこを埋めていく作業というのも考えていかなければ、単なる机上の空論でしかないかなと思います。

 

 

スポンサーリンク

ネットで検索することによって沢山の知識を得る関連エントリー

ネット上のサイトを編集する:リンク集的な記事を書く
Windows Live Writer で、過去記事の編集をする
ホームページやブログに記事を書くということに関して
1つのホームページに1冊のノートをあてる
IDとパスワードは、ノートに管理
インターネットの使い方も便利になった分、受け身になっています
スマホからEvernoteを利用する
ブックマークのちょっと変わった管理方法
Windows Live Writer でブログへの投稿が楽になりました
MetaGatewayを通して、Windows Live Writerで投稿
架空請求のメールが届きました
ScribeFire Blog Editorの設定の仕方
取り扱い説明書をブログで電子化する
google chome のブックマークとソーシャルブックマーク
翻訳サイトを探してみる
自分でホームページを持つ効用
記事を書くのにも分業:Evernoteを使って
タイトルバナーの簡単な作り方
PettyCamera 1.4といつソフトを使って、スクリーンショットにより、タイトルバナーを簡単に作る作り方
Real Player で YouTube を簡単にダウンロード
Real Player で YouTube をダウンロードする方法の解説です
Gmailとブログ、HPの記事の連携
ブログやHPに記事を投稿するその前段階として、準備にGmailを利用しています。
ブログやホームページと著作権
ネット上での著作権とそのクリアの仕方の一つをあげてみます
調べの過程を記事にしたら、ネタは無限
記事を量産するためには、Evernoteが良い
徹底的に調べると、違った世界が見えてくる
ブログにいくつ文章を書いても無料
調べた結果を記事にまとめて残していく
小見出しをつけると制限されてしまう
語り口を磨くというのも一つの方向性
毎日、検索してネタを探す
ブログを情報収集の拠点とする
記事をリライトすることによって書き方が変わってきました