翻訳サイトを探してみる

翻訳サイトを探してみる

英語のサイトをいろいろと自由に読めると、
世界が広がるのではないか。

 

そう考えて、その助けになればと、無料の翻訳サイトを
調べてみることにしました。

 

方法は、英語の文章を入力してみて、その
翻訳を比べてみること。
シンプルが一番と考えました。

 

サンプルは、ニュースサイト

 

から、一部引用させていただきました。

 

ニュースサイトの英語は、かなりスタンダードに近い
のではないかと考えてのことです。

 

Obesity May Raise Kids' Allergy Risk
からの部分引用です。

 

The study authors analyzed data from 4,111 participants, aged 2 to 19, who took part in the National Health and Nutrition Examination Survey, and found that obese children and teens were 26 percent more likely to have any kind of allergy, and 59 percent more likely to have a food allergy, than their normal-weight peers.

 

これをそれぞれの翻訳サイトで訳した結果を載せてみます。

 

エキサイト翻訳

 

研究作者はNational HealthとNutrition Examination Surveyに参加して、肥満体の子供と十代がどんな種類のアレルギーにも26パーセントよりかかっていそうであるのがわかった19によって食物アレルギーによりかかりそうな59パーセントに歳の2歳の4,111人の関係者からのデータを分析しました、彼らの標準体重同輩より。

 

 

Google翻訳

 

研究者は、国民健康栄養調査に参加した4111の参加者は、 19から2歳から、データを分析し、肥満の子供と10代の26 %以上の任意の種類のアレルギーがあることが、 59 %以上高いことが分かったというは、食物アレルギーがあるが、通常よりも体重のピア。

 

 

Yahoo!翻訳

 

勉強著者は4,111人の参加者(2〜19歳の)からデータを分析しました。そして、その人は全国健康栄養検査調査に参加して、肥満児とティーンがよりどんなアレルギーでもありそうな26パーセントとより食物アレルギー(彼らの通常の重さ仲間より)がありそうな59パーセントであるとわかりました。

 

 

livedoor翻訳

 

研究著者は、4,111人の参加者、古い2(この人は、全国健康および栄養検査調査に参加し、肥満の子どもおよび十代がどんな種類のアレルギーも持つ可能性が26パーセントありそうであることを知った)?19およびそれらの標準体重が凝視するより、食物アレルギーを持つであろう59パーセントからのデータを分析しました。

 

 

@nifty 翻訳

 

研究作者はNational HealthとNutrition Examination Surveyに参加して、肥満体の子供と十代がどんな種類のアレルギーにも26パーセントよりかかっていそうであるのがわかった19によって食物アレルギーによりかかりそうな59パーセントに歳の2歳の4,111人の関係者からのデータを分析しました、彼らの標準体重同輩より。

 

 

Infoseek マルチ翻訳

 

勉強著者は4,111人の参加者(2〜19歳の)からデータを分析しました。そして、その人は全国健康栄養検査調査に参加して、肥満児とティーンがよりどんなアレルギーでもありそうな26パーセントとより食物アレルギー(彼らの通常の重さ仲間より)がありそうな59パーセントであるとわかりました。

 

 

Infoseek マルチ翻訳(関西弁バージョン)

 

勉強著者は4,111人の参加者(2〜19歳の)からデータを分析したんやちうわけや。ほんで、その人は全国健康栄養検査調査に参加して、肥満児とティーンがよりどないなアレルギーでもありそうな26パーセントとより食物アレルギー(彼らの通常の重さ仲間より)がありそうな59パーセントであるとわかりたんやちうわけや。

 

他の英文では、また、異なった印象になるのかもしれません。

 

結論としては、まだまだ、本格的には、使えない感じです。
ページ毎、ざっと翻訳サイトで訳してみて、全体のイメージをつかんでから、
自分で読んで訳していく。
そんなところでしょうか。

 

いろいろ使う必要はなさそうです。
どれか好みのサイトを愛用するので十分かと思われます。

 

私は、個人的には、Yahoo!の対訳ハイライトが気に入っています。
Infoseekの関西弁も捨てがたいですが。。

スポンサーリンク

翻訳サイトを探してみる関連エントリー

ネット上のサイトを編集する
Windows Live Writer で、過去記事の編集をする
ホームページやブログに記事を書くということに関して
1つのホームページに1冊のノートをあてる
スマホとEvernoteとGmail
IDとパスワードは、ノートに管理
便利になった分、受け身になっています
スマホからEvernoteを利用する
Evernote も管理してみる
ブックマークのちょっと変わった管理方法
evernoteを使って、ネットで調べ物をする
Windows Live Writer でブログへの投稿が楽になりました
MetaGatewayを通して、Windows Live Writerで投稿
架空請求のメールが届きました
ScribeFire Blog Editorの設定の仕方
取り扱い説明書をブログで電子化する
おいしい(delicious)、ソーシャルブックマーク
deliciousという無料のソーシャルブックマークサービスとFireFox のプラグインに関してです。
自分でホームページを持つ効用
記事を書くのにも分業
タイトルバナーの簡単な作り方
PettyCamera 1.4といつソフトを使って、スクリーンショットにより、タイトルバナーを簡単に作る作り方
Real Player で YouTube を簡単にダウンロード
Real Player で YouTube をダウンロードする方法の解説です
Gmailとブログ、HPの記事の連携
ブログやHPに記事を投稿するその前段階として、準備にGmailを利用しています。
ブログやホームページと著作権
ネット上での著作権とそのクリアの仕方の一つをあげてみます
調べの過程を記事にしたら、ネタは無限
記事を量産するためには、Evernoteが良い
徹底的に調べると、違った世界が見えてくる