1つのホームページに1冊のノートをあてる

1つのホームページに1冊のノートをあてる

ホームページを作る時に

 

1つのホームページを作る時に、構想から練って、資料を集めて、キーワードを決めて、記事を書いてなどと段階を踏んで作っていきます。アップするのは、ネット上、サーバーにですし、その原稿部分は、自分のパソコン上に作っていきます。すなわち、ほとんどが電子ファイルとして扱われていくことになります。

 

しかし、パソコン上やネット上のものは、視認性が悪く、一覧は、簡単にできません。1つ1つのファイルやページを開いて初めてみることができます。色々と構想を練ったり、アイディアを考えたり、加筆修正したりの段階でけっこう扱いにくいものです。

 

ネタの蓄積には、やはり紙ベースで考えるのが楽に思えます。

 

ノートとか、クリアファイルとか

 

ネットで調べたり、本を読んだり、テレビを見たり、あるいは、取材したりなどで収集した資料は、1つのノートにどんどん書き込んでいくのが使いやすいかもしれません。キーワードを沢山考えて記録したりもけっこう使えそうです。その際に、1つのテーマを決めたサイトに関することは一冊の大学ノートにすべて書くようにしていくといいと思います。

 

あるいは、A4の紙に書いていって、それをクリアファイルにまとめておくとか。方法は色々あると思いますが。このホームページに関しては、このノートやファイルといったようにひとつ紐付けしてあるとオフラインで色々考える時に便利です。ブレインダンプとか、マインドマップなどでまとめてもいいかもしれません。

 

水面下では、デジタルではなくてアナログを利用する。また、このネタ帳があれば、そのホームページばかりではなくて、そこから派生する関連するサイトの構想にも使えそうです。

 

始めやすそうなところで、クリアファイルを1つ用意してそこにA4の紙を入れるところからやってみようと思います。とにかく、すべてをパソコン上とかネット上でやってしまうということにこだわらずに記憶の補助という意味でもノートをうまく利用スべきと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

1つのホームページに1冊のノートをあてる関連エントリー

ネット上のサイトを編集する:リンク集的な記事を書く
Windows Live Writer で、過去記事の編集をする
ホームページやブログに記事を書くということに関して
IDとパスワードは、ノートに管理
インターネットの使い方も便利になった分、受け身になっています
スマホからEvernoteを利用する
ブックマークのちょっと変わった管理方法
Windows Live Writer でブログへの投稿が楽になりました
MetaGatewayを通して、Windows Live Writerで投稿
架空請求のメールが届きました
ScribeFire Blog Editorの設定の仕方
取り扱い説明書をブログで電子化する
google chome のブックマークとソーシャルブックマーク
翻訳サイトを探してみる
自分でホームページを持つ効用
記事を書くのにも分業:Evernoteを使って
タイトルバナーの簡単な作り方
PettyCamera 1.4といつソフトを使って、スクリーンショットにより、タイトルバナーを簡単に作る作り方
Real Player で YouTube を簡単にダウンロード
Real Player で YouTube をダウンロードする方法の解説です
Gmailとブログ、HPの記事の連携
ブログやHPに記事を投稿するその前段階として、準備にGmailを利用しています。
ブログやホームページと著作権
ネット上での著作権とそのクリアの仕方の一つをあげてみます
調べの過程を記事にしたら、ネタは無限
記事を量産するためには、Evernoteが良い
徹底的に調べると、違った世界が見えてくる
ブログにいくつ文章を書いても無料
調べた結果を記事にまとめて残していく
小見出しをつけると制限されてしまう
ネットで検索することによって沢山の知識を得る
語り口を磨くというのも一つの方向性
毎日、検索してネタを探す
ブログを情報収集の拠点とする
記事をリライトすることによって書き方が変わってきました