調べの過程を記事にしたら、ネタは無限

調べの過程を記事にしたら、ネタは無限

ブログやホームページのネタ

 

ブログやホームページに記事を書くのは、大変でもありますが、けっこう楽しい部分もあります。書きたいことがあって書くのは、楽なのですが、すぐにネタが尽きてしまうことも多いものです。

 

外に出て、ネタを考えたり、本を読んだり、映画をみたり、色々とやってみますが。実生活の流れでは、どうしても限界がある感じです。

 

フィールドをネットにしてみる

 

そのネタ探しの部分をネットでというのは、誰しも思いつきますが、そして、それを実際にやってみたりもしますが。大抵、単発で終わってしまいます。

 

ネタというよりも、疑問とか知りたいことを調べる。その実際のやっている過程を記事として残す。これならば、検索と記事とが直結します。そして、その結果や過程に自分の考えたことや感じたことなどを付け加えると、その部分はオリジナルになる可能性もあります。

 

まあ、うまくいかなかったとしても、疑問を調べて、それを文章化する。この過程で知識がつきます。少なくともやってみる価値はあると思います。

 

重要な部分は、何を知りたいのかとか、何に興味があるのか。そのあたりになってくると思います。そして、その部分は、ネットにつながっていなくても、紙とペンがあれば、いくらでも考えることができます。

 

下原稿は、Evernoteに

 

調べる過程を残すのであれば、Evernoteは、強い味方です。一番上の行に書いた部分がノートのタイトルになりますので、ここにQuestionにあたるものを書きます。

 

ネットで調べたページもブラウザのファビコン部分をノートにドラッグ・アンド・ドロップで、簡単にリンクとして残せます。そして、中途半端で終わっても、後日、いつでも続きを書き進めることができます。

 

イメージとしては、オーソリティーとしてのまとめではなくて、初学者が試行錯誤しながら、また、対話しながら理解を進めていく、そんな感じです。こう書いていても、いざとなると忘れてしまっていたりします。

 

そういえば、Kindleで辞書を引きすぎると表示が遅くなって重くなる感じがあるけれども、どうすれば良いのか調べたな。とか思っても、それに関して、全然記録していなかったりします。棹をさすの意味を取り違えていて、先輩に指摘された。とか。

 

日常に沢山の疑問や気付きがあったはずなのに記録がありません。つまりは、そういうことをこまめに拾っていくということが大切なのだろうと思います。そして、調べの過程で、さらに新しい気付きが出てくるのだろうと思います。

 

 

スポンサーリンク

調べの過程を記事にしたら、ネタは無限関連エントリー

ネット上のサイトを編集する:リンク集的な記事を書く
Windows Live Writer で、過去記事の編集をする
ホームページやブログに記事を書くということに関して
1つのホームページに1冊のノートをあてる
IDとパスワードは、ノートに管理
インターネットの使い方も便利になった分、受け身になっています
スマホからEvernoteを利用する
ブックマークのちょっと変わった管理方法
Windows Live Writer でブログへの投稿が楽になりました
MetaGatewayを通して、Windows Live Writerで投稿
架空請求のメールが届きました
ScribeFire Blog Editorの設定の仕方
取り扱い説明書をブログで電子化する
google chome のブックマークとソーシャルブックマーク
翻訳サイトを探してみる
自分でホームページを持つ効用
記事を書くのにも分業:Evernoteを使って
タイトルバナーの簡単な作り方
PettyCamera 1.4といつソフトを使って、スクリーンショットにより、タイトルバナーを簡単に作る作り方
Real Player で YouTube を簡単にダウンロード
Real Player で YouTube をダウンロードする方法の解説です
Gmailとブログ、HPの記事の連携
ブログやHPに記事を投稿するその前段階として、準備にGmailを利用しています。
ブログやホームページと著作権
ネット上での著作権とそのクリアの仕方の一つをあげてみます
記事を量産するためには、Evernoteが良い
徹底的に調べると、違った世界が見えてくる
ブログにいくつ文章を書いても無料
調べた結果を記事にまとめて残していく
小見出しをつけると制限されてしまう
ネットで検索することによって沢山の知識を得る
語り口を磨くというのも一つの方向性
毎日、検索してネタを探す
ブログを情報収集の拠点とする
記事をリライトすることによって書き方が変わってきました