DATとかMDとかカセットとかけっこう残っています

DATとかMDとかカセットとかけっこう残っています

音楽を録音できるメディアの変遷

 

変遷というわけでもありませんが。

 

まず、昔からのカセットテープがあります。
その前にもオープンリールのテープというのもありましたが、一般家庭で、気軽に使えるようになったのは、カセットからだったと思います。

 

当時は、FMも全盛期で、ラジカセというものも各社から競うように発売されたものです。

 

それから次は、DATでしょうか。
デジタルで録音できるテープということだったと思います。
音質は格段に良くなっていたのですが、所詮は、テープなので、頭出しも大変ですし、テープ特有の弱さもあります。
絡んだり、切れたりした時には、かなりのダメージを受けます。

 

野外とか音楽の生演奏を録音するためのポータブルのDATデッキというのもあったと思いますが、おそらくはそんなに普及しなかったと思います。

 

オーディオセットの一部としてDATデッキをカセットデッキの代わりに利用していましたが、これが流行ってきた頃には、FMは、下火になってきていたと思います。

 

それ以前のように、海外やNHKあるいは、FM局独自のライブ・コンサートを流したりも減ってきていたと思います。

 

そして、いつの間にかMD。
これは、四角い薄い板という感じのディスクで、テープからディスクに磁気で録音するという形でけっこう画期的でした。
音質はDATよりも良くないと言われていたみたいですが、聞いた感じ、全然違いが分かりませんでした。

 

そして、MDは、コンパクトなので、携帯音楽プレーヤーとして、重宝されていました。

 

そして、いつしかパソコンに取り込んだ音楽をCD-Rに焼いたり、メモリープレーヤーで聴くことができるようになりました。

 

今は、スマホで聴いたり、ストリーミングで聴いたり、そんな感じになってきています。

 

部屋の掃除をしたら、DATとMDが出てきました

 

先程、部屋の掃除をしていたら、DATテープとMDディスクが数十枚ずつ出てきました。

 

それぞれCDから好きな曲を録音して編集してコンピレーションにしていたもので、今となっては、音源としての価値はありません。

 

ただ、MDは、MDラジカセも残っていますので、CDから編集するという方法で、利用を続けることはできます。

 

でも、DATテープに関しては、ほぼ過去の遺物と化しています。
そもそもDATデッキがすでにありません。

 

ヤフオクなどで探すにしても、そこまでして聞かなければならない音源がありません。
これで、まだ、貴重な音源が残っていれば保存する価値もあるのですが。
DATは、もう処分して忘れてしまってもいいかもしれません。

 

過去のメディアのうち、価値を感じるのは、カセットテープに録音してあるFMのライブ音源です。

 

結局、中身、コンテンツが一番大切ということだったのだろうと思います。

 

でも、趣味は、不自由なほど味わい深いという側面もあります。
誰も使っていないものを使いこなすというのも、ひとつの方向性なのではないかとも思っています。

 

まあ、時間は有限なので、LPレコードを楽しむことと昔のカセットに録りためたライブ音源のCD-R化。
これだけでも十分と言えるかもしれません。

スポンサーリンク

DATとかMDとかカセットとかけっこう残っています関連エントリー

文字から音楽に入る
あえて、カセットとラジカセにこだわる
Jazzを独学で知る
知らなかった音楽を探す
PCオーディオにはまる
エアチェックとか、昔の音楽事情
むかし、スピーカーを自作したことがあります
音楽を聴くのにカタログを求める
コールドケースから、新しく音楽を知る
今、レコードをコレクションする
いろいろと書きためた文章を載せていきます。役に立つこともあるかもしれません。
ビートルズの音楽に関してのちょっといい本が
真実のビートルズ・サウンドという本の紹介です
コールドケースは、タイムマシーン
いろいろと書きためた文章を載せていきます。役に立つこともあるかもしれません。
1999年の音楽、コールドケース4から
コールドケースから、素敵な女性ボーカルを学ぶ
秋の夜長を美しい歌声を聴きながら過ごす
美しい女性ボーカルものの音楽の紹介です
楽器の練習に、ポケットレコーダーを
手軽にいい音で、自分の演奏を録音して、客観的に聞くことができます。楽器の練習の強い味方です。
大きなスピーカーほど、小さな音量で、低音を出せる
EL&Pというロックバンド
カーステレオのUSBメモリにプレイリストを入れる方法
水越けいこさんの Aquarius というアルバム
今一度、キング・クリムゾンにはまる