音楽を聴くのにカタログを求める

音楽を聴くのにカタログを求める

音楽の好みは、人様々です。
これは、面白いくらい、違います。
中には、趣味の近い人もいますが、それでも
すべてが一致するということは、けっこう
めずらしいことに思えます。

 

ヒットソングを好きで、それがいくらでも
聴ける環境。それは、一つの理想です。
比較的、安く、いろいろと音源を入手できます。
レンタルショップで、CDを借りてきて、mp3に
変換して、携帯プレイヤーで楽しんだりも
簡単にできます。

 

しかし、ちょっと人と趣向が違って、メジャー
からずれてしまう。
これが、なかなか悩ましいところです。

 

かなりマニアックにいろいろと探し回らなければ、
極端な話し、発売されたことさえ知らずに、
過ごしてしまうこともあります。

 

この当たりをフォローするために、力になって
くれるのは、一つには、amazonなどのネットショップ
です。

 

実際、amazonは、驚くほどの品揃えで、なんでも
入手できる感じです。また、値段も、けっこう安く、
プレミアの付いた物もあまりありません。

 

それと、昔と違って、タイトルが、ほぼ無数に
ありますので、すべてを把握することができません。

 

過去のタイトルがそのまま残りますので、理論的には、
CDの総数が増えることはあっても、減ることはない
ということになります。

 

偶然にたよって、素敵なCDと出会える確率というのは、
年々低くなっているのかもしれません。

 

最近の私の方法としては、ネットで、情報を整理して、
例えば、amazonのカタログを自前で作って、いつでも
欲しいときに入手できるようにすること。
それから、YouTubeで試聴すること。
この二点です。

 

あるアーティストやアルバムを知ったときに、それは、
雑誌かもしれませんし、ブログの記事かもしれませんし、
友人からの紹介かもしれません。

 

音楽ですから、まず、音を聴いてみて、あるいは、歌を
聴いてみて、自分が気に入るかどうかを確認しなければ
なりません。

 

このとき、YouTubeが役に立ちます。
YouTubeのサイトに飛んで、検索窓に、そのアーティストの
名前や曲名を入れます。
あとは、出てくるタイトルから、目的の物を簡単に
試聴できます。

 

ここで大事になってくるのは、いかにアンテナを広げて、
今まで聴いたことの無いアーティストを知るか。
そして、amazonを自分なりに再編集してしまうこと。
そして、試聴。
この連携です。
その過程をブログなどに記録として残して行ければ、
それも、また、貴重な情報になるように思えます。

スポンサーリンク

音楽を聴くのにカタログを求める関連エントリー