Jazzを独学で知る

Jazzを独学で知る

音楽を知る方法も、時代とともに変わってきています

昔は、音楽を聴くといったら、LPとか、CDなど、商品を買うか、あるいは、Jazz喫茶のようなところで聴くか。それとも、FMで、エアチェックするか。そんな感じでした。

 

その後、レンタルレコードとか、CDとかが出来てきて、借りて録音して聴くということもできるようになってきました。

 

今では、それらに加えて、YouTubeで視聴するという手段が増えています。このYouTubeは、ご存知のように、超強力な手段です。

 

身銭を切って学ぶ

むかしながらの方法は、多かれ少なかれ、身銭を切って学ぶ。という側面がありました。

 

今のYouTubeでしたら、ほとんど無料に近い状況で視聴することができます。これは、画期的なことです。その無料の部分で満足してしまっていても十分ですし、そこからオリジナルのCDなどを集めるという方向もまた、いいものです。

 

音楽を聴くのに、あるいは、詳しくなるのに、お金が必要だった時代から情熱と、かける時間次第という環境に変わってきている。これは、ある意味、革命的なことではないかと思います。

 

もちろん著作権とか、いろいろありますが

アップしていただいた方には、とても感謝しております。一方で、著作権とか、トラブルに遭われないことを願っています。

 

今のところでは、視聴をするのは、違法ではありませんので、利用する立場から言えば、ありがたい限りです。ダウンロードが違法となりましたが、そこまで求めるのは、贅沢というものでしょう。

 

Jazzを独学で知る

もちろん、本であったり、ネットのサイトであったり、いろいろと解説を読むことは、とても参考になりますし、勉強になります。文字から音楽に入るのも古くからある手軽な方法です。

 

ただ、Jazzとかの本来の意味から言えば、音楽がありきで、まず、聴いてみる。そして、そこからさらに広げて聴いてみる。

 

そうやって、未知を既知に変えていければ、いずれ、かなりいろいろなことがわかってくるのではないかと思います。知らなかった音楽を知る。ただ、それだけでもわくわくするような喜びがあると思います。

 

また、本を読む。そのこと1つとっても、そのサウンドを実際にすぐに探して聴いてみることができる。この点でも、画期的と思います。

 

ビル・エバンスの枯葉が聴いてみたければ、すぐに聴くことができます。

 

調べたり、聴いたり、その過程をブログなどに記録しておく。それができれば、また、一段深いところまで行けそうな気がします。

 

そうやって知ることができた音楽やミュージシャン、あるいは、アルバムは、欲しくなってくるのが自然な流れと思います。

 

その時には、オリジナルのCDを買うのが一番良いと思います。良い音で聴けるというのが1つと、また、当然ながらミュージシャンにお金を届けるという意味でも必要なことと思います。

 

ノートを一冊用意して

 

ただ、漠然と聞き流しても、記憶に残りません。

 

せっかくなので、ノートを一冊用意するのがいいと思います。

 

思いついたことをメモしながら聴き込んでいく。
そして、その感想などを書く。

 

あるいは、周辺のミュージシャンのこととか、新たに知ったことをメモする。

 

そして、それを元に新たに検索する。

 

そうやってノートに記載が重なり、そのノートが数冊、数十冊、そして、100冊以上。

 

そこまで行ければ、JAZZに関してかなり詳しくなれていると思います。

 

楽しい作業になると思います。

スポンサーリンク

Jazzを独学で知る関連エントリー