今一度、キング・クリムゾンにはまる

今一度、キング・クリムゾンにはまる

初めてクリムゾンのアルバムを聴いたのは

 

私が初めてキング・クリムゾンのアルバムを聴いたのは、高校生の頃でした。

 

当時は、暗黒の世界がリアルタイムくらいでした。
当時、夕方のNHKの音楽番組で新譜のうち、一曲を除いて、他の曲を流す番組があり、それをカセットに録音して何度も聴いたものです。
いわゆるエアチェックという作業でした。

 

そこからアルバム(当時、LPレコードのことをこう読んでいました。今でも、CDをアルバムと呼ぶこともあるかと思いますが、あの大きなジャケットは、アルバムという印象そのものだったように思います。)
を買って聴くことになりますが、すぐあとにファースト・アルバムを入手して聴いてみて、ぶっ飛びました。

 

ジャケットのインパクトも凄かったのですが、音楽はもっと凄かった。

 

このファーストアルバムが1969年発売ですから、もうすぐ半世紀になるという、なんだか感慨があります。

 

本を読みながら、再度、聴いてみる

 

手元にキング・クリムゾン 至高の音宇宙を求めて / 北村昌士
という本があります。
奥付を見ると、
1981年6月1日 初版発行
1981年12月20日 第3版発行
とあります。

 

私が買ったのは、第3版みたいです。

 

ずっと飾ってあって、パラパラめくってみただけで、通して読んだことはなかったのですが、なんだかしっかりと読んでみて、そして、また、キング・クリムゾンの音楽をしっかりと聴いてみようかと考えています。

 

オリジナル・アルバムを聴いては、本を読む。
そして、また、音楽を聴く。
そして、考える。色々と考える。

 

それを繰り返すのは、至福の時に違いありません。

 

当時と環境が違うのは、今ではYouTubeがありますので、色々なライブを見ることが簡単にできます。

 

また、キング・クリムゾン関係のアルバムは、それこそ星の数ほど発売されています。

 

1969年のライブ・アルバムなどというものすら数枚あるくらいの世界です。

 

まあ、焦ることもありません。
ゆっくりと残りの人生楽しんでいければ良いと思います。

スポンサーリンク

今一度、キング・クリムゾンにはまる関連エントリー