昔のことを思い出したら、記録してみる

昔のことを思い出したら、記録してみる

記憶というのは、不思議なものです

 

記憶と言っても、試験勉強のこととかではなくて、自分の人生の一コマを思い出すという方の記憶です。

 

普段は、思い出していない状態です。
それこそ何十年も忘れていたことをふとしたきっかけで思い出したりすることもあります。

 

そのきっかけは、デジャヴのような出来事からかもしれませんし、昔良く聴いていたヒット曲が流れてきた時かもしれません。

 

そして、思い出しては、すぐにまた、忘れてしまいます。

 

正確には、忘れているのではなくて、思い出さないようにしているのではないかと思います。

 

色々な記憶が意識の表面に残っていては、日常生活にも差し障ります。
すべての記憶が脈絡なく浮かんでは消えてしていては、考えたり判断したりする時に邪魔でしかたありません。
人間の脳というのは、うまくできているものです。

 

パソコンに置き換えると、水面下に記憶している部分は、ハードディスクで、今意識にのぼっている部分は、メモリみたいな感じかもしれません。
本来は、人間の仕組みからコンピューターが考えられているのかもしれませんが。

 

記憶を記録してしまう

 

ふと考えたのですが。

 

この偶然に思い出せた過去のことを残らず記録に残してみるというのも面白いのではないかと思います。

 

別に自分史として、公表するわけでもありませんので、気軽にノートに記録しておく。
それだけで十分だろうと思います。

 

でも、ノートを前に机に向かっても、そんなに出てきません。
ポイントは、ふと思いついた時に手元にメモがあるかどうか、そして、メモする習慣があるかどうか。
そのあたりだろうと思います。

 

この作業を徹底すると、今まで偶然でしか浮かんでこなかった自分の過去の記憶を自由に参照できる状態になります。

 

何に役に立つかは分かりませんが、ちょっとおもしろいかなと思います。

 

そして、それらを見える化できた時に、そこから芋づる式にたどれる記憶というのもあるはずです。
ジグソーパズルのピースを埋めるように、思い出した事柄の近くに、さらにそこから連鎖的に浮かんできたものを追記していく。
そうやって巨大な自分の記憶の塊みたいなものを作り上げていく。

 

自分の記憶をどこまで記録に残せるか。
ちょっとゲーム感覚でも楽しめると思います。

 

役に立つというよりは、楽しそう。
これです。

 

そして、常に意識に登らせておく方法というのは。

 

例えば、サスペンスドラマで、サイコパスな犯人が壁に色々と貼り付けて、情報をまとめている。
あんな感じが一つと思います。
壁に目を向けるだけですべてがよみがえります。

 

でも、日常的にそんなことをやっていては、かなりの変人に思われます。
家族と暮らしていては、まず無理です。

 

そこで、次善の策として考えた方法は、クリアフォルダーを一冊買ってきて、そこにパソコンでプリントアウトしたものを挟んでいくというやり方です。

 

A4の紙一枚程度にまとめてきれいにプリントアウトしたものを何枚もファイルします。

 

このファイルをパラパラとめくることによって、そこにまとめてある情報を常に意識上にのぼらせておくことができます。

 

20ページ分くらいあったとしても、すべてを読み直す必要もありませんので、数分もあれば、全部に目を通すことができます。

 

意外と悪くない方法だと思っています。

 

 

 

スポンサーリンク

昔のことを思い出したら、記録してみる関連エントリー

若さというのは、永遠には続きません
焼き肉でメガネが油だらけに
メガネ拭きに関して調べる
漏電が目の前で起きました
バイオトイレ
置き菓子という新しい発想
迷惑電話に対する対策サービス
株式投資への入り口
お歳暮って、いつころからある習慣なのでしょうか?
お歳暮の簡単な起源の説明と、ネットで人気のお歳暮が選べるリンクをつけました。
登録販売者制度で、コンビニで医薬品が買える
登録販売者制度というのができて、薬剤師がいなくても、試験に通れば、医薬品を販売できるようになります。
電動自転車ってどんなものでしょうか
自転車よりも楽で、バイクよりもエコロジーな電動自転車。かなり普及しきていますが、実際には、どのような感じなのでしょうか。
榎木孝明さんと古武術
榎木孝明さんと古武術に関して、 特に、古武術を介護にいかすという話しに 感銘を受けました。
日本の「蚊帳」が世界に貢献する
日本の技術が世界に貢献している実情に関しては、 枚挙にいとまがありませんが、「蚊帳」が評価されているとの 記事がありました。
うまいと言われる運転よりも、絶対に事故を起こさない運転を
車を運転していて、事故を起こしそうになる場面に遭遇することがあります。その時の経験と、参考になる本に関してです。
皇居ランナーって、なんかいいですね
皇居ランナーに関して、まとめてみます
マニアックで行こう
ひたすら、マニアックな書き込みでいこうかと考えています
異性に惹かれる状況
異性に惹かれる状況の数例に関してです。
ペットボトルで、水難救助
ペットボトルを利用して、溺れている人を救助するという話題です。
車を運転するのに、特殊なスキルも必要になっていると思われます
ホームページに普通のブログ的な記事を書く
危機管理能力も想像力の問題
忘れられない言葉
原点に帰る
秘密の場所を見つける
危うくコインパーキングの駐車券をなくすところでした
人生には、限りがある
NaviConというアプリで、スマホからカーナビの設定をする
旅行先を事前にどれだけ調べる事が出来るか
あえて今の時代に手紙を出す
修理することを趣味にしてみる
安全対策の会議で、連想ゲームもやってみる
日常から、ちょっと抜け出す