身の回りにあるものの値段は?

身の回りにあるものの値段は?

別に資産的価値うんぬんという訳ではないのですが。

 

身の回りに溢れている物の買った時の値段はいくらだったかをちょっと調べてみたいと思い立ちました。

 

例えば、机の上に積んである雑誌とかを見ても。

 

歴史読本ワールド '93・11 特集 世界の神話伝説  990円
世界の神話伝説 総解説 1800円
レコード・コレクターズ 1994・10 580円
Ur No12 フレンチ・ポップス  1200円

 

がありました。
25年前の本ですから、我ながら物持ちが良すぎますが。
そして、それぞれ、興味深いところもありますので、決して無駄な買い物とは思っていませんが。

 

それでも、これらを買わなかったとして、その分のキャッシュが残っていたらとか考えると。
4570円という総額がこれらの代わりに残っていたら。
ちょっと考えさせられる部分はあります。

 

こんな感じで、色々と目に止まった物を換算していくと、けっこう大きな金額になってくると思います。

 

それらの物は、今現在、無くてもまったく困らないものばかりです。

 

逆に考えると、これからそれらのような物を買う時に、その都度思いとどまることができたら、将来的に、かなりの額が残るはずです。

 

一ヶ月とか二ヶ月では、微々たるものだとしても、十年、二十年後に、例えば、100万円、200万円、それ以上の金額を残せるとしたら。
ちょっとした考え方一つなんだろうと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

身の回りにあるものの値段は?関連エントリー