周りに溢れているものが買値のキャッシュだったなら

周りに溢れているものが買値のキャッシュだったなら

お金を稼ぐのは大変ですが

 

お金を稼ぐのは大変です。
これに異論がある方は少ないのではないかと思います。
そして、お金は、いくらあっても困ることはありません。
逆にお金がないために不幸であるということは、日常に溢れています。
世の中の大半の悩みは、お金があれば解決してしまうかもしれません。

 

ということで、お金を稼ぐことも貯めることも大切なことであるという認識にたって、物事を見つめ直す必要があります。

 

今持っているものの反省

 

お金を節約するとか、使わないようにすると思っても、実際にできるかどうかわからなくなってきます。
でも、今の状況を振り返って、反省し、未来に活かすということはできそうです。
例えば、身の回りを見渡して、雑誌が沢山散らばっているとします。
それは、普通の光景でなんら特殊なことではありません。

 

でも、その雑誌がなくなって、その代りに、それらの雑誌を買ったときのお金がそこに残っていると考えたらどうでしょうか。

 

10冊の雑誌があって、一冊500円だとしても、5000円になります。

 

それらの雑誌の価値と5000円の価値、比べてみてどのような思うでしょうか。

 

大抵は、雑誌を買うのをがまんして5000円が残っていたほうが良かったと思うのではないでしょうか。

 

同様に、CDとか、DVDとか、色々なものに対して、同じことを考えてみる。
節約という概念よりも、無造作に買ってしまうものを見直して、それを思いとどまるだけでも、かなりのお金が残る可能性が出てきます。

 

可能性というよりも、実際に持っていたお金で、それを使わないということを選択するわけですから、必ず、その額は、残るとも言えます。

 

また、お金をつくるために物を売ろうとしたら、それぞれ二束三文でしか売れないという現実に直面します。
でも、その売ってお金に替えようとしたものは、買ったときなら、その金額があったわけです。

 

過去は変えることはできませんが、未来に教訓として残せます。

 

お金を使わない習慣

 

幼い頃読んだ本につもり貯金というのがありました。

 

特別な貯金ではなくて、ものを買ったつもりになって、その金額を貯金するということだったと思います。

 

結局は、それと同じことになると思います。

 

寂しさを紛らわせるために雑誌を買う。
暇つぶしに漫画を買う。
ちょっとお金が入ったので、気が大きくなって、CDを沢山買ってしまう。
あとよくある理由に ストレス解消のためとか、自分にご褒美とか。

 

節約ではなくて、それらの時に、ちょっと思いとどまって、それに使うつもりのお金を貯金しておく。
それだけで、残るお金は、かなり違ってくると思います。

 

そして、使いたいという気持ちが強くなってしまったら、ちょっとジョギングをするとか、腕立て伏せをするとか、本を読むとか。
他のことをして気を紛らせる。
そのように習慣化してしまうこと。
けっこう大切なことと思います。

スポンサーリンク

周りに溢れているものが買値のキャッシュだったなら関連エントリー