無いと分かると欲しくなる

無いと分かると欲しくなる

なんでもそうですが、人間、無いと分かると欲しくなる。ということが多いものです。

 

一般的な所では、レコードとか、CDとか、やはり、趣味の物。
最初から、プレミアの付いた物もありますが、時間の経過につれて、入手困難となるものもあります。

 

むかし、LPレコードの頃は、中古盤は、見つけたら、とりあえず買う。そうでないと、次にいつ出会えるか分からない。そんな感じもありました。

 

また、そこが楽しい部分でもあったのですが。

 

いつでも入手できる。そう思えると、今買わなくてもいいかな。と思い。買わないことには、それを聴いたりできない。当たり前ですが、その繰り返しで、入手できるのに、入手できずに終わるというものもけっこうあります。

 

まあ、株でも、なんでも、それこそトイレットペーパーでも同様のことが言えますが。

 

何かを集めようとか、買おうと考えたら、目利きになる。そのことも、必要です。

 

基本は、安いときに、そのものの価値を認識できて、大量に手に入れておく。

 

少なくとも、手に入れて失望する方が、手に入れることができなかったというよりも、気持ち的には、楽でしょう。

 

ただ、手に入れると言っても、お金がかかることですので、片っ端からというわけにも行きません。

 

限られた金銭的余裕の中から、優先順位を決めて入手するものを決めなければなりません。

 

必然的に、安い時に買わざるをえないというのが、正確なところかもしれません。

 

安い時に買うということを考えた時に、大切なのは、お金の余裕を持っておくこと。これは、いざ、チャンスと思えた時にためらわずに買うことができますので。

 

そして、常に、その対象を定期観察すること。
例えば、CDでしたら、アマゾンを毎日のように眺めて新作のリリースを確認するとか、中古で安い出品がないかとか。あるいは、ヤフオクに登録しておいて、ウォッチするとか。

 

なくなってから慌てるのではなくて、余裕を持って入手できる時を逃さない。結局は、それが一番と思います。

 

スポンサーリンク

無いと分かると欲しくなる関連エントリー

コレクションに関して
新聞で知ったコレクターの方のホームページを訪ねてみました。
オリジナルの香水
オリジナルの香水の調合を体験できるサービスの紹介です
ブランドのレンタルをオンラインで
ブランドものをネットで利用できるサービスがあります
eBayを日本語で利用する
川瀬巴水の版画
コレクションもいつかは散逸してしまいます