CDやDVDのコレクションは再生できなくなってしまったらただのゴミと化する

CDやDVDのコレクションは再生できなくなってしまったらただのゴミと化する

たいていのコレクションは、自分が生きている間は、そのままの形に近いものを維持できています。
もちろん紙ものとか、経年劣化は、それなりにありますが。

 

ただ、CDやDVDなどは、いきなり再生できなくなったりしていることがあります。
そうなると、どんなに貴重なタイトルを持っていたとしても、無に帰してしまいます。
再生できないという時点で、価値はほとんど失われると言っても過言ではないと思います。

 

まだ、LPなどのレコードの方が保存しやすい感じがします。カビが生えたり、傷がついたりなどのトラブルはありえますが、ある日突然ゼロになることはありません。

 

これは、けっこう残酷なことと思います。

 

せめてもの対応として、デジタルデータを保存したいと思うのですが、複製は、法に抵触してしまいます。

 

ストリーミングサービスやデジタルデータの販売の形が主流になっている一因として、このあたりの事情もありそうです。

 

一時期、映画とかドラマのDVDも集めたい誘惑に駆られたこともありましたが、やはり、この問題がありますので、実行には至っていません。

 

ストリーミングサービスとレンタルDVDで十分に思っています。

 

でもまあ、人生には限りがありますし、どうせ墓場には持っていけません。
永遠というようなことを考えてもあまり意味がないことなのかもしれません。

 

コレクションして死蔵するよりも、日々楽しんでいく。
その方向に意識をシフトしていくのが良いと思われます。

 

形ある物のコレクションではなくて、本来の目的を考えてみる。
すなわち、その音楽を聴くこととか、その映画を観ることがメインということです。

 

それを思い立った時に視聴できる環境を整える。そのためにコレクションがあったり、ストリーミングやレンタルがあると考えるということです。

 

楽しむということにも才能と努力が必要なのだろうと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

CDやDVDのコレクションは再生できなくなってしまったらただのゴミと化する関連エントリー

コレクションに関して
新聞で知ったコレクターの方のホームページを訪ねてみました。
無いと分かると欲しくなる
オリジナルの香水
オリジナルの香水の調合を体験できるサービスの紹介です
ブランドのレンタルをオンラインで
ブランドものをネットで利用できるサービスがあります
eBayを日本語で利用する
川瀬巴水の版画
コレクションもいつかは散逸してしまいます
万年筆も6本になりました