リッチテキストとプレーンテキスト

リッチテキストとプレーンテキスト

ブラウザで表示されている文章を選択してコピーする。そして、それをEvernoteに貼り付ける。よくやる操作ですが。ブラウザの飾りのままペーストされてしまって読みにくかったり使いにくかったりします。

 

単純に素のテキストで貼り付けられないかと色々と試したり調べたりしていました。単純なショートカットがあることが分かりました。

 

Ctrl + Shift + V

 

ブラウザのフォントや文字のサイズなど情報がのったものをリッチテキストと呼ぶらしいです。一方、テキストだけの素の飾りがないものは、プレーンテキスト。

 

ブラウザのリッチテキストをプレーンテキストに変更して貼り付けるのが、この
Ctrl + Shift + V
であり、かなり重宝します。

 

特にEvernoteのクライアントアプリをスマホで使って、そこで色々貼り付けた文章を読むことを考えたら、このプレーンテキストだとかなり助かります。リッチテキストで、色が着いた文字であったり、フォントが小さかったりすると、スマホでは、かなり読みにくくなります。やはりある程度の大きさのフォントで、黒字が一番読みやすく感じるものです。

 

色々なショートカットがEvernoteで使えることが分かりました。一覧表示されていて分かりやすい記事です。

 

Evernote for Windows のキーボードショートカットには何がありますか?

 

特にスクリーンショットを取ることができるショートカットは、かなり使えそうです。

 

EvernoteのWindowsソフトを使って、プレーンテキストで、色々と書き込みをしていって、あるいは、コピペでネットの記事のテキストを転載して、自分だけのデータベースを作り、それをスマホのアプリで使いこなす。これを極めていけば、今よりもずっと使い勝手が良くなると思います。

 

Evernote で持ち歩ける自分だけのリファレンスを作る

 

 

 

スポンサーリンク

リッチテキストとプレーンテキスト関連エントリー